エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

元超正統派ユダヤ教徒の告白

ブネイ・ブラックに超正統派ユダヤ教徒として生まれたメナヘム君は

類まれな声を持っていたため、ハザンとして活躍。

その華々しい賞賛とは裏腹に、子供の頃から、大人のハレディ(超正統派ユダヤ教徒)による性的虐待を受けていた。

現在25歳の彼はハレディからは足を洗い世俗化。俳優としてヘルツェリアの劇団に属する。

チャンネル10のテレビ番組で彼はこれまで受けてきた数々の虐待を話し、

性的虐待を行ったハレディに制裁を加えるべく隠しカメラを持って

正統派ユダヤ教徒地区ブネイ・ブラックに乗り込んだ。

メナへムが13歳のときに猥褻行為を行った加害者を見つけた。

走って追いかけ、問い詰めた。

A 「ぼくは(幼児に対する性的虐待)をやったことはあるよ。でも、もう3年も誰にもしてないよ。」

メナヘム 「おまえ今何歳だ。」

A 「37だけど。」

メ 「34歳になるまで、子供に手を出していたのか。」

A 「君にシナゴーグでやって以来誰にも手を出してないよ。」

メ 「なぜやったんだ。」

A 「愚かな精神だよ。人には誰でも悪い衝動ってもんがあるだろ。」

メ 「何人の子供に手を出した?」

A 「そんなにたくさんはやってないよ。2人か3人ぐらい。信仰に立ち返ってからは誰にも触れてないよ。」

メ 「僕がなぜおまえの言うことを信用しないかわかるか。おまえが後悔していないのが見えるんだよ。」

Aは平常心を失い、路上で大声で怒鳴り始めた。

「当然後悔してるよ。おまえは俺の人生を壊したいのか。」

このとき既に多くの野次馬が取り囲んでいた。

メナヘムとカメラクルーは野次馬たちがリンチを始めるのではないかと恐れ、早々とその場を去った。

つづく

参照:12月28日マアリーブ紙

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます。
by miche13 | 2006-12-31 03:50 | 正統派ユダヤ教徒