エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:イスラエル ( 26 ) タグの人気記事

Pure Land

ビールを飲みながらチョコレートを食べることができるようになったMiche13です。

先日、茶飲み会を企画したアキバがはにかみながら

「Miche13に話したいことがあったんだ。」


「何?」茶飲み会のことなら聞きたくないよ。

「ぼくの友達で日本人女性と知り合いたいっていう人がいるんだけど。今度彼と会わない?」

「あ~、私時間がないっていうか、興味ない。」

「彼は博士号ももう取っていて、教授なんだよ。」

それってすごいじじい?

「いや、ほんと興味ない。」

「そうなんだ。すごくいい人なのに。イスラエル人じゃなくてヨーロッパ人だし。」

「あ、バスが来た。じゃね。」

こんな会話をしたのが数日前。

今週のハ・アレツにこんな広告が載ってました。

知ってますか。この本。
b0012031_7473136.jpg

ヘブライ語訳が出たようですが、底本自体を知らない。まあ、読みたくない本第一位に位置するような本ですが。

広告上部に書評と思しき言葉があります。

直訳すると
侍の道に留まるな。
政治から遠ざかれ。
そしてどこに自分の紐を浸すのか注意しろ。


なんのことだか全くわかりませんね。

知り合いのイスラエル人によると

「70%のイスラエル人が最後の行の意味がわからないと思うよ。」

すごく回りくどい言い方をしているので、移民たちには難しいらしいのだ。

「で、どういう意味なの。」






「誰とセックスしているのか気をつけろ。」


はあああ?

「それって、この本の内容に関連してるの?」

「それは知らない。」

なんだか勘違いイスラエリーが増えそうな予感がします。

あ、でも意味がわかる人が少ないから大丈夫か。
b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-10 07:27 | イスラエル人から見た日本

今日のミーシャ

上から見ると、つちのこ体型です。

すでに去勢されている上、人なつこいので、元飼い猫だと思っていたら

ミーシャにも他の猫たちも耳の上部が切りとられています。

これって、日本では手術済みの地域猫に施す印のうちのひとつ。

南蛮さんからいただいた、はっちゃん特集のCREAに載っていました。

イスラエルでも同じ方法で手術済みを表しているんだ。間違えて2度も手術されたら困りますからね。


よく考えたらうちの近くには、子猫をまったく見かけません。



b0012031_1215881.jpg
b0012031_1221324.jpg

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-09 04:18 | ねこ

プリムの仮装

今年のプリムのエルサレムでの仮装状況をお伝えします。

まったく着ぐるみを見かけませんでした。

最近、暖かいので気候的に適さなかったのかもしれません。

もしくは時間帯によって違うのかも。去年は12時前でしたが、今回は夜2時ごろです。

何人か見かけたのは、警察官の仮装です。

小学生だったらまだしも大人が警察官に扮していると、本物だか仮装だかわかりづらくて困ります。

後ろにパトカーを配置して偽警察官を撮ってみました。
b0012031_3161696.jpg


b0012031_3182544.jpg

ハレディによる路上ライブ

b0012031_331416.jpg

一番右側のやつがチャイナと叫んできてうるさかったので、写真を撮ってやりました。

b0012031_3324149.jpg

これも今年よく見かけた仮装のひとつ。

女装

なぜか大柄な男たちが女に扮してました。

続きはまた後ほど。
b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-06 15:07
先週レストラン街を抜けて歩いていたら、

前方の道路をトラックが通過中。

ものすごい音がした。

トラックの後ろのドアが閉まってなくて、もう一方のドアにぶちあたったような、鉄同士がぶつかった音。

トラックが通り過ぎると、駐車車両から煙があがっていた。

よく見ると駐車車両の後輪はパンク、煙があがっていた個所はつぶれてました。

あのトラックがぶつけたんだ。

事態を把握してからも、あまりの驚きで呆然と立ち尽くす。

そこはレストランが密集している場所なので、私以外にも目撃者多数。

向かいのレストランの店主も呆然と立ち尽くし、

こちらのレストランのセキュリティも無言。

こういうときこそ大騒ぎするのがイスラエル人なんじゃないの。そんな私の期待を裏切りみんな押し黙ったまま。私はこの驚愕をだれかと分かち合いたいのに。なんでこういう時、イスラエル人は静かなんだ。

そこへ串焼き屋のガードマンがやってきて

「だれがやったんだ。」

通行人「あのトラック。」

「あのトラックか。」

別のガードマン 「あのトラックは30分もここにいたんだよ。」

この短い会話から推測すると、おそらくあの駐車車両のせいでトラックは道をふさがれた状態となり通行できなかった。

30分も待ったのに、運転手が戻ってこなかったのに業を煮やして、強行突破した。

と、こういうことじゃないかと思う。

だからみんなトラックのドライバーに同情して、静かに見守っていたのかもしれない。

質問したガードマンが持ち主なのかどうかはわからないが、こいつもまったく冷静沈着な態度で、下に向かって歩き始めた。

トラックにはワインメーカーの名前「ヤルデン」が大きく書かれていた。どう考えてもすぐ下にあるワイン屋に配達に来たに違いない。会社の看板を背負っているのだから、すぐに運転手もわかるのに。

この話をイスラエル人にしたら

「保険がカバーするからいいんだよ。」と一言。

弁償すれば人のものを壊してもいいってことですか。

ものに対する愛情とかまったくないですよね。

車を壊さなくても、市役所に電話してレッカー移動してもらえばよかったのに。

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます。
by miche13 | 2007-02-26 01:42 | イスラエル人とは

ヨム・キプール

昨日、10月2日はヨム・キプール(贖罪日)でした。年に一度だけ謝っておけば赦されるのですよ。便利ですねえ。まあ、神は赦してくれるかもしれませんが、彼や彼女にした悪事は本人に許しを請うてください。

バイトの日だったので、出かけました。しかも冬時間に切り替わっていることに気づかず一時間も早く到着。
ビルの入り口には鍵がかかっていて入れない。今日は来るべき日ではなかったのかと後悔しつつ中を覗くと、いましたよ。警備員。一応働いている人もいるんですね。

バイトに行く途中もわりと人通りがあったので、そんなに早い時間だとは思ってなかったのです。ほとんどが嘆きの壁から戻ってきたダティや、グレート・シナゴーグに行く途中のダティばかりでしたが。

ヨム・キプールには車も全然走っていなくて、とても静かです。普段は渋滞のキング・ジョージ通りもこんな感じで静まり返っています。

b0012031_836342.jpg


信号も点いていませんでした。走っているのは、軍警察や救急車+↓のみでした。
b0012031_83841100.jpg


車が全然走らない日というのがあってもいいですね。
それに普段は音楽を大音量でかけてうるさい隣人もこの日ばかりは静かでした。

安息日にも堂々と開店していたため、周りを超正統派ユダヤ教徒に囲まれたスーパーも、この日だけは閉店します。
でも、営業しているバーもあるらしいです。そこはドアを閉じているので、知る人ぞ知る場所なのでしょう。

町を探索しながら帰っていると、缶詰のいわしのように整列した物体が道路の反対側に・・・

b0012031_8485424.jpg

近寄ってみると
b0012031_8493240.jpg


この日は彼らにとってもリラックスできる日だったようで、このような光景が各所で見られました。
b0012031_8502052.jpg


週一ぐらいでヨム・キプールやってほしいと強く願っています。
by miche13 | 2006-10-04 08:57 | 国内観光

新年

イスラエルでは9月24日に新年を迎えます。

今日のシャバットのディナーは新年ディナーです。

新年はヘブライ語でローシュ・ハ・シャナー。

ローシュには頭という意味もあり、魚や羊の頭を食べるのを習慣としているそう。

「牛の頭は食べないのか」という質問には、みんな押し黙ってしまって

だれも答えてくれませんでした。

先日市場の魚屋に行ったら、みなさんものすごい量の魚を購入してました。

羊の頭を購入するよりは簡単そうですからね。


またバスネタですが。一昨日バスに乗ったとき、先に乗車した女の子が

運転手の前でマイペースでゆっくりと時間をかけ、バッグを開け、財布を捜し

財布を開け、回数券を取り出していました。

運転手は思いっきり彼女を睨み付けていましたよ。

次の乗客が乗れないからバスを発車できないし。

運転手の中にはそういう渋滞を引き起こすような乗客に

「事前に運賃を用意しておけ。」と怒鳴る人もいます。

もっともです。

で、そのマイペースな女の子が私の横に座ったのです。

一時すると彼女が「Excuse me」と言う声が聞こえました。

私は英語には反応しないことにしているので、

前に座っていた女の子がすぐさま反応してくれて助かりました。

ペンを借りていました。

ペンの持ち主が降りると、また「Excuse me」という声が聞こえました。

ヘブライ語の文献を読んでいるのに、なぜ英語で聞くのか。

いますよ、英語を話せることを披露したがるイスラエル人。

しかし、彼女が聞きたかったのは

「Do you have a pen?」  ですよ。

これぐらいヘブライ語で言ってくれてもわかりますけど。

結局、私の手をつついてきたので無視するわけにもいかず

ペンを貸しましたけど。

ペンを使う用事が終わった後もずっとペンをもてあそんでいました。

バスぐらい誰にも邪魔されずに静かに乗っていたい。
by miche13 | 2006-09-23 04:07

痴話げんか

バスに乗ったら、隣の席の女の子が携帯電話でけんかをしていました。

バスの中はエンジン音でうるさいから、当然声が大きくなる。

聞いちゃいけないと思いながらも、聞いている音楽のボリュームダウン。

「あんたは私に全然会わないし、すごく私のことを傷つけているんだよ。」

と、大声で相手を責めまくっています。人に聞かれても恥ずかしくないのね。

最終的には

「じゃあ、あなたの会社の近くまで行くから、そのときに来なかったら

もう本当に信用しないから。」

と言って電話を切った彼女は大きくため息をついた。

状況的には、彼女のほうが虐げられていてかわいそうな感じを受けますが

実際はすごく堂々としていて、

さも自分に会わないおまえの方がどうかしてるよ

という感じでまくしたてていました。

本当にそう思っているのだろうけどな。

この後、彼女はだれかとずっと電話で話し続けていたのだが

まるで自宅にいるかのように、くつろいでましたよ。

前の座席に足を上げて、スカートを太ももまでたくしあげて

たまに股を掻いたりしてました。

電話の声も大きくてうるさいので、音楽を聴いていたのだが

ふと気になることを小耳にはさんだ。

なんでも法律が変わって、観光ビザの更新を繰り返しすることができなくなるとか。

今日、いや昨日の新聞に載っていたそうだ。

イスラエル人の彼女がなぜそんなことを気にしているのかは謎だが

もし本当だとしたら、私にとっては一大事。

でも、今からネットで新聞チェックするのかったるいので

明日にしま~す。
by miche13 | 2006-09-20 07:21 | イスラエル人とは

ルームメイト2

昨日家を見に来た男は


お母さんと一緒だった・・・・


そういえば数日前

「私たちは家を見に来たいけど、テルアビブなのでそんな時間にはこれない」

と一人称複数で電話をかけてきた女の人がいた。

問い合わせの電話もかーちゃんかい。

まあ、いいですよ。親を見れば子がどんな人かわかるといいますからね。

静かで、きれい好きで、プライバシーを守れる人を募集したのだが

たしかに彼はその通りの人らしい(自称)。

だが、見た目がきもい!

立ち姿もなよっとしていて、イスラエル版オタクっぽくて、爬虫類系の顔。

ガード下でギター弾きながら暗い歌をぼそぼそと歌ってそうな感じ。

ところが、驚いたことに、爬虫類くんには彼女がいるのです。

人を外見で判断してはいけないということですよ。

でも、いくら静かな人でも一緒に住むとなると考えるなあ。生理的に受け付けないもん。何度も見れば慣れるだろうか。

もう少しまともな人が見に来てくれないかなあ。
by miche13 | 2006-09-13 02:10 | イスラエル人とは

アボカド

急遽、友人宅で夕食をとることになり、一緒に市場に行った。

友人が魚を注文している間に、2軒先の店にアボカドを買いに行った。

魚屋に戻り、談笑していると突然

「ねえ、アボカドいくつ買ったの?ずいぶん袋が重そうだけど。」

「え、3つしか買ってないよ。」

袋を開けてみると

中にはどっさりアボカドが入ってました。

は?手品ですか、これは。

たしかに私は3つ選んで、店の人に手渡した。

あの野郎、人が見ていないすきに余計に袋にいれやがったな。

魚屋のおっちゃんが、アボカド売った店の人に「なんとかしてやれよ。」と一言言ってくれた。

ところが、こいつは認めない。

「レジはもう閉めたので金は返せない。」

2シェケルのところを、4シェケル分買わされたわけです。

金額的にはたいしたことはないのですが、友人も私も食べ物を粗末にするのが嫌い。

今日中に食べないとやばい状態のアボカドばかり入ってた。

たとえ2シェケルでも、知らないうちに押し売りされるのは非常に不快です。

話していても埒が明かないので、

「2シェケルぐらいくれてやる。アボカドも自分が選んだもの以外はいらん。」と言ってアボカドは返した。

正義感の強い友人は、どうしても許せないらしくまだ戦っていた。

私がいなくなると、アボカド屋は

「おまえの友達は男のことを考えてて、ぼーっとしてたくさん入れたんだよ。」

と私のせいにしていたらしい。

あくまでも自分の非は認めないようだ。

魚屋のおっちゃんが、そんな私たちを不憫に思い3シェケル安くしてくれた。

アボカドは、結局全部若すぎて食べられなかった。

今日食べられると確認して買ったのに。

みなさん、うそつきアボカド屋には気をつけましょう。
by miche13 | 2006-09-07 04:01 | イスラエル人とは

マスコット

イスラエル人は絵の下手な人ばかりなのか、

センスがないのか、

電話会社ベゼックのマスコットはえぐい。






b0012031_051343.gif


なぜおっさん顔のオウムなのだ。

さらにごらんになりたい方は以下を参照。

http://www.bezeqint.net/

こちらは同じくベゼックの広告に登場するキャラ。

オウムよりはかわいいけど、怖いぞ。
b0012031_0261454.jpg


b0012031_0344579.jpg

by miche13 | 2006-09-04 05:34