エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13

<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

イスラエルのカラス

今日大学でサンドイッチを買っていつものごとく中庭に行った。

寒いけど、猫が寄ってくることを期待して、外に出たのだ。

猫たちは私から数メートル離れたところを通り過ぎるだけで、私には気づいてくれなかった。

寄ってきたのは2羽のカラスだけ。

イスラエルのカラスって真っ黒じゃないんです。

以前、帰国したときにそう言ったら、誰も信じてくれなかった。

でも、今回は証拠写真があります。↓をごらんください。

b0012031_0405435.jpg


全身真っ黒じゃないというだけで圧迫感がかなり緩和されます。

すずめや鳩のように近寄ってきます。でも、猫のように「めし、くれ~」とプレッシャーをかけてこず、控えめな性格が気に入った私は、ちょっとラファをあげてみようと思った。

ラファというのはトルティーヤみたいな薄いパン。
b0012031_614272.jpg


もっと近づくと
b0012031_624378.jpg


シュワルマ(後ろに写っている肉の塊)とかサラダとかを↓のようにラファで巻いて食べます。
b0012031_665121.jpg


今日私が食べたのは、中身がツナとゆで卵で、クレープぐらい薄いラファでした。

薄くてもラファと同じくもちもち感がいいんですよ。

で、一番もちもちしている旨い場所をカラスにあげました。

なかなか器用なやつで、投げたラファを口ばしで受け取りましたよ。

で、一気に丸呑み。

歯がないから仕方ないです。

次に丸呑みできない大きさのラファをあげると、

なんとやつは、それをくわえて飛んだ。

飛んだ先は噴水。水の中につけてやわらかくして啄ばんでいる様子。

頭いいなあ。でも、それってうまいのか。

食べ終わると戻ってくるのですが、そのたびに私への距離が近くなります。

少しずつ私に気を許しているということでしょうか。

そこへ、子猫キター。カラスのことなんか全然眼中になし。

カラスは必死に嘴で猫をつついて追いはらおうとしてましたが、成功せず。

体の大きさが同じだったせいか、猫は全く相手にしてませんでした。

今日は、日記らしい日記でも書いてみようと思ったのに、カラスのことでずいぶんと熱くなってしまった。

あ、今日の写真は全部ネットで拾ったものです。

ご都合の悪い方がいらっしゃったらご連絡ください。ラファの写真が掲載してあったサイトは、チェコ語のような言語で読めなかった。書いている人はユダヤ系みたいなので、全然気にしないかも。
b0012031_5242533.gifいつもクリックありがとうございます。励みになります。
by miche13 | 2006-11-29 06:22

食糧難

ポストにこんなビラが入ってた。

b0012031_224007.jpg


動物愛護協会のビラかなと、なぜか写真を見て思った。

でも、中を見たら、ペットショップのセール!

なんですか、無理やり作った画像は。それともネット上で釣ってきた画像か。

いや、どう見ても暗い雰囲気を漂わせてますよ。もうセンス悪すぎ。

もう少し購買意欲のわく広告を考えませんか。おそらく広告にお金かけるのがもったいないのだろうな。

センスのいい広告見たことないもん。

今日、学食に久しぶりに行ったんですけど、

トレーを持って並んでいると、目の前に

ごきが!

食べ物を並べているガラスの下に張り付いていた。

他の客は気づいていない様子なので、その場で言うのは気がひけた。

レジの人にそっと伝えると

「どこにいるの」

場所を教えると、

「私に言わないで、彼ら(中に入っている人)に言ってよ。」

え、それ私の仕事ですか。わざわざ私が、ごきがいるよって伝えに行くんですか。

「立っているものは親でも使え」を常に実践しております。

衛生管理が悪すぎじゃない?

料理の中にも入ってたらどうしよう。びくびくしながら食べたぞ。

もうトラウマでここで食事できないかも。そうすると学内で、食べるところがないよ。

b0012031_5242533.gif
押していただいた方には、もれなくハレディをプレゼント!いらない?
by miche13 | 2006-11-28 07:33 | 食物

イスラエル風味噌汁

今週のJerusdalem Postに味噌汁の作り方が載っていました。

みなさまも是非イスラエル風みそスープをお試しください。

 材 料  4人前 
- インスタントだし(乾燥海藻ストック) 20g (量多くない?) 
 または野菜ストック   大さじ 3

- 熱湯  800ml
- アスパラガスの若芽 4
  または他の緑色野菜
- みそ  大さじ 2

- みりん(甘い米酒) 大さじ 1  (みりんを入れるのか?)

- しょうゆ 大さじ 1    (えっつ、醤油も入れるのか)

- 絹ごし豆腐  200g

材料を見ただけで驚きの連続です。

みそ汁とは程遠い食べ物ができあがりそうです。やっぱりみそ汁ではなく、みそスープなのだな。

それは出来上がりの写真を見ても歴然としています。

通常のみそ汁は
b0012031_6553418.gif


Jerusalem Post付属の小冊子Weekendの表紙を飾るMiso Soupの写真は
b0012031_22343496.jpg


アスパラガスは細くスライスと書いているのですが、

写真を見る限り、ここに見える緑の野菜はスライスしたねぎ。

椀から飛び出している緑の葉っぱは何でしょう。

しかし、こんなに堂々と間違ったレシピを紹介していいのだろうか。

抗議するべきだろうか。無駄だろうな。

ずいぶん前に、ハアレツ紙に間違いを指摘したメールを送ったのですが

返事など来ず・・・

その記事では、生まれた子供に日本人の名前をつけた親日イスラエル人女性の話が載っていました。

彼女が子供につけた名前は

「キム」


いや、それ日本人の名前じゃないっすけど。

名付け親そのものが間違ってるんだな。

ハアレツも親が言うことを疑ってかかるわけにもいかないしな。

でも、親日家っていっても結局日本のことなんか何も知らない。この程度のレベルの親日なのねえ。
b0012031_5242533.gif
クリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-27 22:36 | イスラエル人から見た日本
コスモポリタンがアパートにあったので最初のほうだけ読んでみました。

内容はどこの国のコスモポリタンにも共通した、いかに男に好かれるか、とか落とすかとか、ベッドで楽しませるかとかそんな内容です。

最初の読者投稿欄を読むだけで力尽きてしまいました。

その中でおもしろかったものをご紹介。本当に読者から投稿された実話なのかなあと思えるものもたくさんあるのですが。

では、いきます。



新しい会社に入った私。

私の近くに座っている男の子が初日から誘ってくる。

すごくかっこいい子だったので、私もかなり惹かれました。

でも会社の人には知られたくなかったので、私たち2人の間の秘密にしました。

彼、ユバル、とつきあうようになって数ヵ月後、私の上司(女性)が「今すごくかっこいい人とつきあってるの。」と告白。

相手の名前を聞いても、相手は社内の人だからといって教えてくれなかった。

まさか私の彼じゃないよね。社内には他に男の人いるしね。

それが、ある日上司とユバルが廊下で話しているところに出くわしてしまった。

別に話すぐらいで疑いは抱かない。

でも、

なんと、彼女は彼のお尻にタッチしたのだ。

その晩、直接彼女に聞くと「ユバルとつきあっている。」というではないか。

彼は二股にかけていることを告げ、私たちは同じ日に彼を捨て

「彼は性的不能者で、医者からバイアグラを処方してもらっている」という噂を社内に流した。


う~ん、女は怖い。でも、二股かけるなんてふざけた野郎を絶対に許さず、2人で同時に別れるところがイスラエル女の潔さかな。
b0012031_2054267.jpg


b0012031_5242533.gif
クリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-26 20:01 | 恋愛
イギリスの片田舎に留学している友達に偶然会った。

資料収集のため一時帰国しているとのこと。

先日書いた授業料200万円の大学に通っている人です。

韓国や中国からの留学生はたくさんいるけど、日本からは一人もいないそう。

イスラエルからも彼だけです。

授業料が高いだけあって、施設も整っているようです。

研究室では各自に机が与えられ、24時間オープン。

こんな部屋がヘブライ大の研究生にも与えられたら、すごく能率が上がりそうです。

とはいっても、毎日同じ場所で同じメンバーと顔をつき合わせているのは息が詰まるかもしれませんが。

彼とお茶しに行くとき、人が一人しか通れないところでは私を先に必ず通す。


先に私が通って、なかなか彼が来ないので振り返ると

入ってくる人たちに微笑みながら道を譲っていた。おーい、イスラエルでそれやってると、一生出て来れないよ。


もともと、温厚で、物静かで、礼儀正しく思いやりのある人なのですが、イスラエルでの生活習慣をもう忘れてしまったのでしょうか。

「イギリスでの生活はどう?気候とかは大丈夫?」と聞いてみた。

一年のほとんどが快晴のイスラエルから、曇りが大半のイギリスだとつらいのじゃないかと思ったのだ。

「気候は全然大丈夫だよ。でも、暮らしにくいよ。だってぼくはユダヤ人だし。」

「でも、見た目でユダヤ人かどうかなんて、イギリス人には区別がつかないでしょ。」

「でも僕は肌の色が黒いから、すごくじろじろ見られるよ。」

「その気持ちはよくわかります。」私もイスラエルで同じ目にあっているから。

「僕の妻はイスラエル人だけど、イギリス出身なので、ぼくの気持ちはわからないんだよ。」

差別される側の気持ちって、自分がされないとわからないよね。

とすると、イギリス人やアメリカ人なんかは、一生差別が何なのかはわからないままなのだな。

差別されても、されるほうの気持ちがわからないイスラエル人もたくさんいますけど。

「half casteって言葉知ってる?」

「知らない。」

「肌が白い人と黒い人の間にできた子供を指す英語なんだけど。」

「そんなあからさまな差別用語があるんだ。」

「ぼくと、妻が子供をつれて店にはいったら、ほら、half casteが来たって、聞こえるように言うんだ。」

イスラエルもアジア人やエチオピア系ユダヤ人に為対する差別がありますけど、

子供を対象にはしないような気がします。

イスラエル人は子供好きな人が多いので、たとえアジア人の子供でもすごくかわいがります。

お店に日本人の子供を連れて行ったことが何度かあるんですけど、

必ず店主が子供に店の商品(お菓子とか)をくれるんですよ。私が一人で歩いていると、変なことを言われたり、からかわれたりしますけど、子供と一緒だと高待遇。

友人は大学での研究生活には満足しているものの、イギリスにいるのは子供の病気の治療のためなので、他の国でも治療ができるようになれば、移動したいそうだ。

外国で暮らすというのは、いろいろと大変なことが多い。

でも彼のように目的がしっかりしていれば、何とかやり過ごせるのかもしれない。

成功を祈ります。
b0012031_5242533.gif
クリックありがとうございます!

追記:
スペルを間違えていました。half-caste(混血児、特に白人とインド人との混血児、異なった階級の両親を持つ人)でした。
by miche13 | 2006-11-25 22:38 | イスラエル人とは
大学に行くと、友達が怒っている。どうしたんだろう。

「友達から大学の課題をやってくれって頼まれたんだよ。それは別にいいんだ。」

たしかに彼はたまにレポート代筆業をやっているぐらいだから、苦にならないようだ。じゃあ、何が問題なのだろう。

「こうしろ、ああしろってうるさいし、進捗状況の確認電話もしつこいし。早くやらないと間に合わないって怒るんだよ。ぼくは自分のやり方でやるから、それがいやだったら他の人に頼めって言ったんだ。」

「それってもちろん有料でやってるんでしょ?」
と、聞いたところ、

「最初はそのつもりだったけど、いざお金を払う段階になると、お金がないとか、友達でしょとか、泣き言を言い始めてうるさいから、無料でやってやるって言っちゃったよ。」

彼女は自分の精神性を高めるために瞑想をしたり、インドに行ったりしている。いわゆるインドおたく。そのくせに、人に対して気配りができないどころか、人をいらつかせることが彼を怒らせている原因のひとつ。

「昨日、仕上げた課題をメールで送ったのに、ありがとうの一言もないんだよ。」

課題を無料でやったあげく、お礼の言葉もないなんてかわいそすぎる。

まあ、でも彼は虐げられるの好きみたいだし。

最近ストーカー疑惑をかけられて、電話番号を変更したばかり。以前アップしたこの記事

変人に登場するちょっと言動がおかしくなってきた女の子です。

その後も電話攻撃は止まらず、一日に20回とかかけてくる。夜中の2時や4時にもかけてきて、あいかわらず「あんた私にストーカーしてるでしょ。」とメッセージが残っている。

でも、彼宛ではなくほかの人宛のメッセージも入っている。

留守電相手に長々と話している様子。

もし本当に彼女が警察にストーカー被害届けを出したら、彼は当然警察に呼ばれて尋問されるわけです。
日本と同様、「被害者」本人が訴えを取り消さない限り、加害者のレッテルを撤回することはできない。
そんな面倒なことには巻き込まれたくないので、電話番号を変えたようだ。

でもそれから数日間、彼女が大学まで探しにくるんじゃないかとびくびくしていたみたい。

あ、思い出したけど、上記インドお宅の彼女は、イギリスの大学院に進みたいと言っている。

レポートを自分で書く気力のない彼女が大学院に行くのか。

大学院に行ってまで代筆を頼むのかな。

知り合いが行っているイギリスの片田舎の大学は授業料が8万シェケル!200万円だぞ。もったいない。
それだったらイスラエルで大学院に進んだほうがまだ安いのに。

人の心配はよして、自分の心配に戻ります。
b0012031_5242533.gif
いつも押してくれてありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-24 01:56 | イスラエル人とは

奪い合い

今日、大学でサンドイッチを買うときに、財布からお金が落ちた。

おつりをもらった後に拾おうと思っていたら、

となりにいたイスラエル人学生が拾ってくれた。

「ありがとう。なんてやさしいの。」と、心の中で思った瞬間

やつは自分の財布に金を入れた。

おい、それは私の金だ。

自分の金が落ちたと思ったのか。

じゃあ、私が拾って自分の財布に入れたら、

「あの東洋人め、おれの1円25銭をがめやがったぜ。」とか思われていたのでしょうか。


でも、その後和む光景にも出くわしました。

中庭にひざにネコを乗せてなぜている男の人がいたり、

わざわざ自宅からドライフードをネコに持ってきて与えている男子学生がいました。

今日は昼間ものすごく暖かくてTシャツの人もたくさんいた。

私も薄着で出かけたら、夜は気温がかなり下がって、すっごい寒かった。

昨日から頭が痛くてくらくらするので、今日はもう寝ます。おやすみなさい。

b0012031_21131724.jpg

あ、↑な感じではないけど、クラスメートが正統派ユダヤ教徒みたいな服装で来てた。

もともとダティでキッパは被っていたので、超正統派への道を歩み始めたのだろうか。

聞くに聞けない質問。

次回の服装に要注意ですね。

b0012031_5242533.gif
いつもクリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-23 05:45 | イスラエル人とは

ローストチキン

なぜ人は同じ過ちを繰り返してしまうのだろう。

何度繰り返せば学習できるのだろうか。


と、ローストチキンをスーパーで買った後、深く考えました。

イスラエルのチキンって、ちゃんと毛の処理をしていないのですよ。

他国では、少なくとも日本とイタリア、オーストラリアでは、鶏肉の皮の部分には、毛なんて全然残っていません。


今日はどうしてもタンパク質の必要性を感じていたので、毛には目をつぶってローストチキンを買いました。

しかも手羽。余計に羽のかけらが目立ちます。

でもローストしていたら毛の残らないような気もしますが。別の調理法なのか。

いずれにしても、毛付きチキンは、生前の姿を想像させますから、食べるのに勇気が必要です。

最初は皮をはいで食べていたのですが、だんだん気持ち悪くなってきたので、ほとんどネコにあげました。

今、外で実篤が食べてます。

私は今パンをかじってます。

前回も同じことをして、もうチキンは食べないと心に誓ったのですが、再度誓います。

皮付きチキンは食べません。

今、大学内の学食がひとつ、大学との契約更新でもめていて、ずっと閉鎖中なのです。

おかげで、残るもう一つの学食は大盛況。

並ぶのがいやな私は、サンドイッチばかり食べる羽目に陥り偏食気味。

今日聞いた情報では、例の学食はカフェとなり、学食として復帰はしないそう。

しかも、もう一つの学食は値上げ。

これから学内での食生活が貧しくなりそうです。

b0012031_20554618.jpg

b0012031_5242533.gif
クリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-22 00:12 | 食物

16世紀ユダヤ人の宇宙観

初期のユダヤ神秘主義的文献の中に

天界の入り口には365の窓があるという記述がある。

ヘブライ大スコープス山キャンパス内のバス停は、まさに天界の入り口を思わせるガラス張り。

それを見ながら

「天界もこんなになってるって考えてたのかなあ。

東の窓からは太陽が出てくるんだよ。すっごいでかい窓だよね。

でも、まさかそんなこと本気で考えてないよね。」

と、イスラエル人に言うと

「本当にそう思ってたんじゃない。

だってさ、16世紀後半のラビが書いたテキストに、宇宙の構造が書いてあるんだけど」

b0012031_221722.jpg



「宇宙はアボカドを半分に割った状態と同じだっていうんだよ。」

アボカド?ってこれですか。

b0012031_2213638.jpg


「アボカドの種が地球で、周りの果実部分が海。その他は宇宙空間だよ。」

「え、海って。地球は半分海に浸かってますけど。

16世紀後半と言えば、地動説も出てるくらいだし、科学も発展し始めた頃だから、

そんな宇宙観って本気で信じてなかったでしょ。」


「いや、本気みたいだよ。」

そうかあ。古代インドの宇宙観↓を見て、笑ったことがあったが、

今よく見ると、アボカドよりはずっと複雑な構造ですな。

b0012031_222101.jpg


b0012031_5242533.gifいつもクリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-21 04:22

ルームメイトとの戦い

戦いと言えば、先週のイスラエル紙はこぞって、イスラエル軍の誤射を非難してましたね。

もう少し学習してほしいものです。

で、私の家庭内紛争ですが

ルームメイトの風呂の使い方が非常に気になっています。

風呂というかシャワーですね。うちは太陽熱温水器がついていないので、ボイラーでお湯を沸かすのですが

ヒーターが不要な今の時期、まだそれほど寒くないので、私は30分ぐらいボイラーをつけてお湯をためてシャワーを浴びます。

ところが、ルームメイトはかなり長時間つけた挙句、ボイラーをオンにしたまま入ります。

実際に彼女がどのくらいの時間オンにしているのかは、わかりませんが

彼女がシャワーを浴びた後は熱湯が残っていますから、おそらく2時間ぐらいか。

それとも、オンにしている時間の割りにシャワー時間が短い場合は、1時間ぐらいか。

大学で地球学を専攻する彼女、当然エコロジーについても学んでいるのではないでしょうか。

アラブ側から直接原油を変えないため、値段が高い限りある資源で作られた電気をもっと大切に使いましょうよ。

いや、長くつけていてもいいのです。彼女が全部のお湯を使うようなシャワーの使い方をしていれば。

いつも熱湯が残っていて、もったいないと思う私が、つい予定外のシャワーを浴びたりなんかして、時間を取られてしまってむかついたり。

いくら私が長シャワーを浴びてもまだ熱湯が残っている。いったい何時間つけているのだ。

これは彼女に言わなきゃいけないですよね。

でも、めんどうくさい。小姑みたいでやだ。

でも、電気がもったいないのと、来月の電気代の請求書が怖いのとで

これ以上寛大ではいられません。と、葛藤をしています。

でも、いつ言おうかな。言わなきゃいけないですよね。

ああ、やっぱり一人暮らしがしたいです。

b0012031_20523515.jpg


b0012031_5242533.gifいつもクリックしてくださってありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-20 03:05 | イスラエル人とは