エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

テロ注意報

昨日、大学行きのバス30番を長いこと待っていた。

30分たってやっと来たと思ったら、

そのバスめがけてセキュリティが2人猛ダッシュしてきた。

え、誰か怪しい人でもいるのか。

でもバス停には私しかいない。

2人はバスに乗り込み、前方、後方乗降口に立ち警備に当たっていた。

30番のバスの乗客の大半は、ダマスカス門付近に出かけるアラブ系買い物客だが、

今まで2人も乗車することはなかったので、おそらくテロ警告が出ていたのだろうと思う。

今日の夕方4時にもテロ注意報が出ていた。
by miche13 | 2006-08-29 23:23 | ニュース

イスラエルの治安

今日、南アフリカ在住の人から聞いた。

強盗は日常茶飯事。

昼間から銃やナイフを突きつけて金品を奪う強盗ですよ。

しかも、パトカーに乗っていたり、警官の格好をしているので

油断がなりません。

本物の警官も手が回らないし、がさ入れした警官が殺されたりで、

自分の身は自分で守るしかない状態だそう。

守るといっても無理があるので、いかに被害を少なくするかというレベルで自分を守っている。

現金は少なめに持ち、貴重品は一切持たない。

抵抗をせずに持っているものを渡せば、命を奪われることはなさそうです。

でも、子供たちは遊ぶ場所は学校か、自宅か、友達の家。

外で遊ぶなんて危険すぎてできない。

移動は当然目的地まで車。

だから、エルサレムで夜遅くでも歩けることがとても幸せに感じるそうだ。

たしかにイスラエルはテロの危険とは常に背中合わせだけど

治安はいいのです。東京よりも安全だと思う。
by miche13 | 2006-08-22 03:32 | ニュース

警察官

一週間ほど前、ダマスカス門からヤッフォ門に向かって歩いていると

警察官がたくさんいた。

大規模な警備を行うのだろうか。

と、思いきや、旧市街外壁の前で、記念撮影中の警官。

そこを通りかかる私たちに一緒に写真に納まれとしつこく頼まれる。

警察に顔を知られたくない身なので、丁重にお断りをした。

北部で兵士が戦っている間に、あんたたちはのんきに観光ですか。

制服を着ている間ぐらいは警官らしく振舞って欲しいものです。
by miche13 | 2006-08-17 01:48 | イスラエル人とは

アスベスト

今日、大学に行った。

図書館は毎年恒例経費節減のため今週は休館なのだが、他の場所で勉強しようと思って行ってみた。

警備員からトンネルの前でバスは降ろされるし、

セキュリティチェックでいろんな警備員から、どこに行くのか、何しに行くのかしつこく聞かれうんざりですが

ここは外国人の強み。ロースバーグスクールはウルパンのため開いているので

そこに行くといい、別のコンピュータールームへ行く。

そういえば法学部の図書館の鍵を持っている友人がいるので、連絡を取ると

なんと法学部の入り口のアスベスト処理をしているので入館禁止らしい。

宇宙服みたいなのに身をかためた人たちが処理しているそう。

なんだか大学に今の時期に行くのは健康に悪そうです。

明日からは別の場所に移動します。
by miche13 | 2006-08-16 05:26 | ニュース

AV男優

b0012031_9241494.jpg


今日、ブログの整理をしていたら

ずいぶん前にアップしようと思っていた記事がたくさん未投稿のままで残っていたので

古くてすみませんが、これから少しずつアップします。

この記事の全裸の男性は、

なんと正統派ユダヤ教徒からAV男優に転身。

おそらく勘当でしょう。

しかし、イスラエル製のAVってあるんですね。

見たことないので、まあ見る気もしませんが、これ以上のコメントはできません。

どなたかご覧になったことのある方、詳細を教えてください。
by miche13 | 2006-08-15 01:40 | ニュース

勤務態度

クリエ配達員の勤務態度について怒り爆発。

定期刊行物が届かないので、配達を請け負っている会社のマネージャーに問い合わせの電話をした。

「飛行機が飛ばなかったから、まだこっちに届いていない。」

という返答だった。なんだよ、その言い訳。


さらに、あるときから「Extremely Urgent」と書いた封筒などが

オフィスのドアの前に置かれているようになった。

これに対しても勤務態度改善を申し入れたが、全く変わらない。

あるとき私がオフィスにいるときに、どさっと音がしたのでドアに行ってみると

封筒があった。追いかけたが間に合わず。

再度マネージャーに電話をすると、その場で配達員に電話を入れた。

「ドアのベルも鳴らさないし、ドアの前に封筒を投げ捨ててるって言ってるけど。」と伝えるマネージャーに対して、なんとこいつは

「鳴らしたけどいなかった。」とぬかしやがった。

なんて大嘘つきなんだ。しかもマネージャーも全然注意しないし。

その後、オフィスの外でタバコを吸っていた人が、偶然現場を目撃。

どさっと音がしたかと思うと

す~っと向こうからカーリングのように封筒が滑ってきた。

配達員は封筒を投げ捨て、かなり離れたところから、ドアに向かって足で蹴っているのだ。

客の郵便物を何という扱いをするのだ。許せん。

配達員との戦いはまだまだ続く。

ある日、私はこいつと対面することに成功した。

追いかけていくと、すでにヘルメット、サングラスをかけていたので、素顔が全くわからないのだが。

「なんでドアの前に投げ捨ててるの。」と聞くと

「ちょっと待って、まず最初に言っとくけど、怒鳴らないでくれる。」

自分が苦情を言われているのに、優位に立とうとする、この人を諭すような横柄な態度に全身の血液が沸点に到達。

だが、ここはぐっと怒りをこぶしの中に握り締めつつ

「なんでベルを鳴らさないの。」

「たった二回だけだろ。」

「ちゃんとオフィスに人がいるんだから、ドアの外に捨てないでよ。届かなかったこともあるんだから。」

「No Problem.」

「それになんで足で蹴るの。ボールじゃないんだよ。」

「No Problem.」

当然のことながら、最後まで反省の色は見られませんでした。

オフィスに戻って、絶対にこいつはクビにしたいと上司に伝えたが

賛同が得られず、泣き寝入りしてます。
by miche13 | 2006-08-13 02:09 | イスラエル人とは

イタリア人刺殺

木曜日にイタリア人が旧市街で刺殺された事件があったことはみなさんご存知だと思います。

私はニュースを見ていなくて金曜日まで知らなかったのですが

その日にイタリア人の友人たちに会うことになっていたので

聞いてみたら、同じ地域の出身の人だそうです。

皮肉なことに、彼はパレスチナ人の子供たちのためのボランティア活動をしている人で

今回もその活動のため、ボランティアグループとエルサレム入りしたのです。

それなのにアラブ人に刺されるというのはやるせないです。

イスラエル在住のアラブ人だったら、後ろから見てもイスラエル人と外国人の区別はつくはずですよね。

と、いうことは外国人をあえて狙ったということなのでしょうか。

だとしたらさらに動機が不可解です。

ボランティアグループは活動を中止して翌日出国したそうです。
by miche13 | 2006-08-12 20:03 | ニュース

盗難

6月半ばにヘブライ大スコープス山キャンパスの図書館で勉強していた学生のPCが盗まれました。

そして、先日ギブアットラムキャンパスの国立図書館に行くと

「PCからは目を離さないでください。」という張り紙があちこちにされていて

何かあったのかなあと思っていた。

で、友人とお茶を飲みに行く途中

「いっぱい張り紙してあるけど、なんかあったの?」と聞くと

「XX図書館からXXさんのPCが盗まれたんだよ。」

「えっつ、でもそこって防犯カメラがあるし、みんな顔見知りの人ばかりじゃない。」

「トイレに行った2分ぐらいの間に盗まれたらしいよ。」

「えええ、私そこにPC置いたまま。盗難防止チェーンはつけてあるけど。」

「とりに行ったほうがいいよ。だってロックしてあっても盗まれてるから。」

で、この窃盗犯が、後日スコープス山キャンパスの図書館に次の物件を狙いに現れたところを御用となったらしい。

防犯カメラに写っていた写真をもとにして捕まえたそうな。

おそらく警察ではなくて、大学の警備員のお手柄なんだろうな。

でも友人のPCは元にもどらず・・・

なぜか冬休みや夏休みになると増えるPC盗難。気をつけましょう。
by miche13 | 2006-08-09 18:12 | ニュース

店員その2-内務省

店員と呼ぶには無理がありますが、内務省の職員の応対について一言。

先月委員会に提出する書類を内務省に持っていきました。

返事には1ヶ月半ほどかかるからと言われていたけど、

ちょっと早めに行ってみた。

いつも機嫌の悪い女の人が座っている窓口だったので恐怖だったが

名前を呼ばれて行ってみると

むこうからにっこり微笑んで、

「こんにちは」

とあいさつしてきたのだ。どうしたのだろう。ここで完全に動揺。

PCを見ながら

「おかしいわねえ。書類を委員会にまわしたって記述が載ってないわ。」

そして奥の部屋にファイルを探しに彼女は行った。

通常なら、ファイル探しになんか行かないか、ぶつぶつ文句をいいながら行くのに

今日はとてもフットワークが軽い。

戻ってくると

「誰に提出したの?」

「4番に座っている人で今日はいないよ。」

「どんな感じの人?」

「ボブみたいな髪型で、ブロンドっぽくて」

「で、太ってる人?」

はっきりいいにくかったのですが、向こうから聞いてくれたので

「そうです。」と答えると

「ああ、エティね。」とすぐにわかった様子だった。

「エティがファイルを委員会に回していないか、PC上に記載していないかのどちらかだと思うけど。」

となりの席の人にエティの電話番号を聞いている。

自宅まで電話して追及するつもりなのか。いやに仕事熱心になっていて驚愕。

となりの人からは電話番号を得られなかったようで

「XXさんのところに行って、エティの電話番号を聞いてかけて聞いてみなさいよ。」

え、聞くのは私ですか?

やっぱり責任感とプロ意識のなさというイスラエル人気質は保たれてました。
by miche13 | 2006-08-05 05:53 | イスラエル人とは