エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

イスラエルってシャンプーの種類が少ないんですよね。

日本から持ってきたシャンプーが切れたので、仕方なく現地の使っているけど

本当に選択肢がない。

ドラッグストアに行ったらこんな会話が聞こえてきました。

客 「染髪した髪用シャンプーを探しているんだけどあるかしら。」

店員 「それならこれがいいですよ。ぼくも使ってますから。」

ぼくって、おまえ男じゃないか。

あんたが使っているシャンプーをお勧めされてもあまり購買意欲がわきません。

よく考えたらイスラエルには男性用シャンプーなんてない。

日本にはありますよね。


客すかさず 「でもあなたの髪って染めてないじゃない。」

店員 「染めてないですよ。それに今後も染めるつもりはありません。」

何を開き直ってるんだ。おまえ、客の話ちゃんと聞いてるのか?

店員 「ぼくは美容師でもあるから、これは店でも使っているお勧め商品です。」

美容室で使ってるわけねーだろ。
と、横やりを入れたくなりましたが、じっと我慢しました。

この客がお勧めのシャンプーを買ったのかどうか

最後まで見届けませんでした。すみません。

あすから店員シリーズ行きたいと思います。
by miche13 | 2006-07-20 20:34 | イスラエル人とは

学生ビザ

先月のことですが、

ヨルダンに観光ビザ更新に出かけた日本人学生2名が

1名は入国拒否

もう1名は1週間のビザしか交付されず、イスラエルからの出国を余儀なくされ

日本に帰国したそうです。

あと、ヘブライ大でなが~く研究を続け、講師でもあった韓国人が

学生ビザ発給を拒否され、韓国に帰国しました。

今年だけで韓国人3名がビザ発給を拒否または退去命令を受け、イスラエルを出国したそうです。

状況は悪くなるばかりのようです。
by miche13 | 2006-07-19 06:02 | 学生ビザ取得の旅

自爆テロ未遂

今日いやすでに昨日か、17日12時前に中央郵便局に行こうとしていたら

サミールから

「道路閉鎖されてるから行けないと思うよ。」と言われた。

また、不審物のせいかよ

と思いきや

「自爆テロリストがそこで捕まったんだ。」そうだ。

場所はエルサレム市役所前のバス停らしいが

あまり人のいないバス停なんですよ。通常はもっと大きな被害が出せそうな場所で自爆すると思っていたから、こんな辺鄙なバス停にいたことがショックです。

それとも移動中だったのかな。

とりあえず現場に行ってみると、処理は終わっていたようで、パトカー2台と

かなりの野次馬でにぎわっていました。

みなさま気をつけましょうね。
by miche13 | 2006-07-18 07:17 | ニュース

やらせ

某大手ニュース映像配信会社がエルサレムに取材に来ているとき

ディレクターは某ホテルで朝から飲んだくれて

「な~んかちょっとないかなあ。

あ、ベツレヘムの子供たちに投石でもしてもらおうか。」

と、言いベツレヘムで子供たちに100シェケル(2,600円)ずつ渡し

投石映像を撮影したそう。

許されないことです。

今後、この会社の報道を見てもどこまでが現実の報道なのか信用ができなくなりました。
by miche13 | 2006-07-14 04:29 | ニュース

ホロコースト記念館

ホロコースト記念館(ヤドバシェム)に行ってきました。

建物自体は自然光を取り入れた明るい雰囲気なのだが

予想通りに重圧感漂う重々しい雰囲気。

最後の方に位置する「名前のホール」には最初は足がすくみ入ることができませんでした。

納骨堂を思い出させるのです。

あとで意を決して入りましたが。

「子供の記念館」も手すりを伝わらないと歩けないくらい真っ暗で

犠牲になった子供たちの名前を読み上げているのです。

涙なしには通過することのできない場所です。

やはり人間は戦争や殺し合いをやめるべきだと痛切に感じました。
by miche13 | 2006-07-11 05:13 | 生活

タクシー

先日タクシーに乗ったら、

運転手が口説いてきてうるさい。

これだからタクシーに乗るのはいやなんだ。

適当に返事をしながら早く目的地に着くことを祈った。

ところがこういうときに限って渋滞だったりするのだ。深夜なのになぜだ?

タクシーを降りるときに、運転手が電話番号をくれた。

とりあえず受け取ったが、これが不幸中の幸いだった。

タクシーの中に財布を落としたようなのだ。

たいしてお金ははいっていないので、あきらめてもいいのだが、家の鍵が入っているのだ。

これまた幸いなことに業務用携帯電話を持っていたので、そちらから電話。

無事財布はみつかり家に入れました。

タクシーの運転手は、人のプライバシーに踏み込んだ質問をしたり、誘ってきたりするやつが多くて本当に乗るのがいやです。

これからは徒歩にしようと思います。
by miche13 | 2006-07-09 05:00 | イスラエル人とは

死海

いやあ、エレズが閉鎖されていて、ガザ入りしているジャーナリストたちは出るに出れない状況らしいですね。

逆に入りたい人も入れなくて大変そうですけど。

ところで、先日ふと思い立って夜中に死海遊泳をしに死海に向かいました。

エルサレムからだと近いですからね。

途中からは街灯も全くなく真っ暗。

対向車はハイビームのまま。

どこが海だか泥なのか全くわからない状態。

ずいぶんと走ると赤い標識がでている海岸があったので、照らしてみると

「セキュリティ上、日没後の遊泳禁止」

と書いてありました。

英語ではセキュリティという言葉はなかったのだが

ここはヨルダンから泳いで来れるほどの距離。

もしこの標識を無視して泳いだりしたら、不審者として撃たれるかもしれない。

ちょっと気軽に泳ごうなんて発想はここでは通用しませんでした。

地中海のほうだったらよかったのだろうけど。
by miche13 | 2006-07-06 08:13 | 生活