エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13

<   2005年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧

露出大好きイスラエリー

今日寝坊してあわてて家を飛び出した。

快晴が続く近頃ですが、やはり朝方は寒い。

手に握っていた手袋をはめたら


くつしただった Σ(゚д゚lll)ガーン


しかたがねえ。今日は手袋なしだ。


今日はさっそく銀行と郵便局に並びに行きました。

「私あなたの前にいた。」とかって言ってくるやつに

emiさんに教えてもらった「私なんて昨日からここにいた。」を試すのだ。

こういうときに限って使用する機会は訪れない。残念。

窓口のおねえさんが腰を90度に曲げてかがんでいたので乳がまるみえだった。

彼女たちは胸が大きく開いた服を着て、意図的に見せているわけですので、じ~いっと見ていいのです。

観察の結果、かがんでいる状態だと下方向にたれている胸の全長は17cmぐらいでした。

男性客の視線を辿ってみましたが、胸に目をやる人は皆無だった。

イスラエルでは日常見慣れた光景だから見飽きているのか。


胸は今や手のように露出していてあたりまえの部分となってしまっているのか。

それともじろじろ見ることははばかられるのか。

ウリくん(27)はこういってました。

「今日うちに来た女友達がさあ、胸がすごく開いて谷間が見えるV字シャツを着てきたんだよ。

どうしても、目が胸に行くんだよね。そしたら、開いた胸元を押さえたりして居心地悪そうにしてるんだ。

頭に来て、「おまえがそんなもの着てくるからだろ」ってどなったけど。」

たしかにそうだよな。見せるためにV字を着てるわけですからね。かがまなくても谷間が見える深~いVですよ。

見られていやなら最初から露出しなきゃいいんだ。

なぜイスラエル人女性は露出するのが好きなのだろうか。

1.ファッション
2.男性に対するアピール
3.露出狂
4.暑いから

この中に答えはあるのか?
by miche13 | 2005-12-31 07:58 | イスラエル人とは

イスラエルのラジオ相談

年末ですねえ。日本在住のかたは今頃宴会で忙しいのではないでしょうか。

イスラエルでは全く年末を感じませんが。

そういえば、エルサレムで唯一紳士淑女が集う、ネタンヤフも御用達のバー「フィンク」がなくなっているようです。

カウンターとテーブルが4つぐらいの小さなバーでしたが、よく教育されたバーテンダーがいて、大人が着飾ってくる、叫ばなくても隣の人と話をできる静かなバーだったのに。

街にあるスーパーファームに行った帰り、ビルの一階部分が壊されているところがあった。よーく見ると隣にフィンクのドアがあって明かりはついていなかった。

壊されているところがフィンクの店舗にあたるのかどうか、わかりません。

でもいつ通ってもしまっています。どうなったのかご存知のかたいますか?

昨日深夜、となりのおばさんのテレビまたはラジオの音がうるさいので、ラジオをつけた。
ちょうどラビの電話相談コーナーだった。

アンビエントな音楽で始まり、「なんでも言ってごらん。ぼくが解決してあげる。」とやさしく穏やかな声で語りかけます。

最初の女の人は泣きながら訴えています。(何を訴えていたかは聞いていません。すまぬ)
「弁護士があなたの問題を解決しますから、大丈夫ですよ。安心してください。」と返答していました。

ネタとして質問を聞いているだけではなかったようです。

以前、ラジオ相談でビザ問題を話したら、解決した。という話を聞いたので、私の学生ビザ問題もラジオで訴えたらすぐに内務省がビザをくれる可能性があります。

ただ個人情報をラジオで流すのに抵抗があるので、今のところ相談コーナーにでるつもりはありませんが。あ、純ちゃんもうすぐイスラエルに来るのに、嘆願書書いてない。ううう。

あ、でラジオ相談に次はおっさんが出てきました。

アメリカに仕事に行ったあと、旅をしたり、その途中で女の人と知り合って前妻と離婚したりというバックグラウンドのようです。

なんかおっさんもじもじしていて何を相談したいのかわかりません。

DJ 「一世一代の恋に落ちたんだね。」
「いやそういうわけじゃないんだけど。この妻とは、あるとき歯車が合わなくなって、妻は家をよくあけるようになった。夜中の2時に警察が来て、おたくの奥さんが・・・。」

え、何。奥さんがどうしたの?あわててボリュームを上げましたが、遅し。

奥さんがどうしたかわかんねえ。悔しい。

「で、妻とは離婚したんだけど、子供には毎日会ってる。子供はすごくかわいい。」

「じゃあ、離婚したこと後悔してるんだ。」

「そういうわけじゃなくて。」
なんか歯切れの悪いおっさんです。

「じゃあ、そろそろ誰かと会ったりしてもいいんじゃない?」

「そうだけど。ぼくはシンプルで家庭的でやさしい女の人が好きなんだ。」
おっさん急にはきはきと自分の好みの女性を述べ始めました。

「電話番号何番?」とDJが言うと

「0544-12345XX」と、「モザイク」もかけずに電波で個人情報を流していることが信じられない。
日本でこれをやったら、すぐにいたずら電話がじゃんじゃんかかってくるに違いない。
するとDJが
「0544-12345XXだね。」とラジオを聴いている人たちに向かって繰り返したのです。

「きっといい人みつかると思うよ。」というDJに

「そうだといいな。」と照れながら電話を切るおっさんでした。

これって出会い系ラジオ番組でもあったんですね。

次に電話をかけてきたおっさんもそうでした。

どのおっさんも最初はもじもじしていて、DJが先導してあげているところがちょっとかわいげ。かといって、私はおっさんに電話かけませんよ。

あ、もうこんな時間。

みなさまよいお年をお迎えください。
by miche13 | 2005-12-30 08:04 | イスラエル人とは
なんか違うよなあ

と思いながら食べているクロワッサンです。

なぜか大学のカフェで今日は割引だった。

通常ひとつ5シェケル(125円)のところが

2つで5シェケルだったので、2つ買いました。

よく考えたらこれが125円もするって高いな。中身なしのと、チョコレートの2種類があります。

ほんと、どうみてもクロワッサンじゃない。
b0012031_482412.jpg


形も食感も味もすべてにおいて違うのに、なぜクロワッサンと呼んでいるのか不思議だ。
by miche13 | 2005-12-29 04:07 | 食物

順番は守りましょう

今日バス停でルームメイトと一緒になった。

彼女は全然自分からは話さず、私が一方的に話しているばかり。

もしや私うるさい?と思い途中から黙った。

彼女は自分のバス停が近づくと、立ち上がって、

「ヒーター使ってる分、大目に電気代払うから。」

と言って降りていった。

ええええ。たしかに話の流れで「もうヒーター使ってる?」とは聞きましたよ。

でも、そんなつもりで聞いたんじゃないのに。

私は現在、肉体の限界に挑戦中でして、まだヒーターは使っていないのだ。

だからといって余計に電気代を払って欲しいなんて思わないし。

私はボイラーを彼女の倍は長くつけてるし、他の部分で私の方が電気を多く使ってるかもしれないんだから。

でもこういう発言をするイスラエル人って600万人に一人ぐらいじゃない?

普通はどうせみんなで割るんだからって、めちゃくちゃ使いまくるのに。

今日のタイトル「順番は守りましょう」はソウルオリンピック前に国が総力を結して、国民に呼びかけた公衆道徳のうちのひとつですが、

イスラエル人にも浸透させたい道徳です。

今日、中央郵便局に行って大声でどなりました。

めずらしく待っている人の列がなくて、私は一番に並びました。

ところが、私一人しか並んでいない列は列とみなされないらしく、

窓口が開くと、並ばずに直行するおやじが続出。

いつまでたっても自分の番がきーへんつうの。

気がつくと変な場所におっさんが並んでる。

列の先頭から窓口までは7mぐらい距離があるので、抜かれてはなるものかと気合を入れてスタンバイに入った。

「次の方どうぞ」を示す窓口番号が点いたので、そこに足早に向かう。

おっさんも向かう。

「あんたより先に並んでるんだから、私が先よ。」

「どこに並んでたんだよ。見なかったよ。」

「列の先頭。あんたが変なところに並んでるんだよ。」

おっさんは、けんかしてもしょうがないと思ったらしく、「もういいよ。」と言って引き下がりました。

順番をめぐって喧嘩なんてイスラエルでは日常茶飯事なので、窓口のおねえさんもその光景をほほえましく見ているようでした。

ところが隣の窓口のおにいさんが

「なんでそんな並び方してるんだ。そっちは最後尾で、先頭はむこうだ。そんなところに並ぶな。」
と注意してくれたのだが、聞く耳持たず。

警備員も登場する始末。それでもかたくなに自分が先頭と決めたところに並び続けているのだ。

こういう人の話を全く聞かない人って、大地震など災害が起きたときどんな行動をするのだろうか。同じ場所には絶対いたくないな。
by miche13 | 2005-12-28 04:12 | イスラエル人とは

とある会社で働く男性(30)がお昼を食べに社食に行きました。

係りの人にシュニッツェルを皿にのせてもらったが、このシュニッツェルが小さかったのでもう一つくれと頼んだところ

「無理。」と言われた。

「そんなわけないだろ。」

「無理。」係りの人はかたくなに2枚目のシュニッツェルを出すのを拒みます。

この会社員はどうしたか。拒まれて黙っているわけがありません。

手でシュニッツェルをつかんで自分の皿にのせたのだ。

係りも黙ってはいません。追いかけてきて、シュニッツェルのとりあいになったのです。

勝負は係りの勝ちで、無事にシュニッツェルを元の場所に戻すことができたのです。

でもいったん人が素手でつかんだ食べ物なんかもう出せないよ普通。

あ、普通じゃないからいいのか。

で、この騒ぎはマネージャーの知るところとなり、この会社員はマネージャーに呼ばれシュニッツェルを2つも食うなと怒られたのだ。

「でも、お腹がすごくすいていたから。」

「腹が減ってるんだったら、米をよけいに食え。」

「肉体労働をしているから食べないと体がもたないよ。」

「じゃあ、そういうつらい作業からおまえを解放してやる。もう会社に来なくていいから。」

といってクビになったのでした。

会社側は「彼は肉体労働なんかしていないし、我社はシュニッツェルのせいで彼を解雇したのではありません。会社の規則に従わないからです。」とかなんとか新聞のインタビューに答えたそう。

いきなり解雇は不当な気もするが、たかがシュニッツェルされどシュニッツェル。

2枚目のシュニッツェルを食べてはいけないという社則があるのかどうかは定かではないが、彼は「規則」に従わなかったわけで、小さい規則を守れない者は他の規則も当然守れないのだとみなされる可能性もあるし、
この会社員は普段から規則破りだったのかもしれない。

新聞には当然のごとく本名+全身の写真が載ってました。自分が悪いことをしたとはちっとも思っていない様子です。

一番理解不可能なのは、記事の最後に母親のコメントが載っているところ。

30歳の息子が会社を不可解な理由でクビになったからって、母親にインタビュー取りに行くんですか。
by miche13 | 2005-12-27 07:56 | ニュース

ハヌカ初日

昨日からずっと雨が降り続いてます。

ついにダウンを着て大学に行きました。

クラスに行くと生徒が教室に入らずにいるので、どうしたのかと思ったら

めずらしく遅れてきた教授に

「教授、教室がすごく寒いので隣で授業しましょうよ。」と生徒が提案。

「ヒーターが点かないの?」と聞く教授に

「クーラーが入ってんのよ。」

どれどれと教室に入る教授に続いて私も入ってみた。

ばかですね。冷凍庫なみに冷やしてます。

今年で一番の冷え込みをおそらく記録した今日

何故クーラーが入ってるのか。

黒板には

寒いので隣の教室にいます

と前のクラスの人が書いてあった。

今日はハヌカ初日ですが、別に祭りモードも入っておらず、他国の華やかなクリスマスからは程遠い雰囲気。

イタリア系の友人とお互いの国のクリスマスを語り合っていたのだが

「日本ではくつしたをベッドにぶらさげておくとサンタクロースがプレゼントを入れていくっていう設定なんだけど、イタリアはどう?」

「イタリアではクリスマスツリーの下に24日夜にプレゼントをおいて、25日の朝に発見する設定。
くつしたはね、1月6日にサンタクロースの妻がお菓子をいれに来る日なんだよ。」

え、サンタクロースに妻がいたの?そんな話は、今日まで知りませんでした。

この妻ってのが、すこぶる醜くて、1月6日にはサンタクロースの妻の仮装をした男たち(醜くないといけないので)が町中あふれているらしい。

これってトリビアに出せそうじゃない。
by miche13 | 2005-12-26 07:57 | イスラエル人とは

イスラエルのおふろ事情

「おふろにする?それともごはんにする?」

究極の選択です。

日本でだったら、当然めしが先ですが、エルサレムともなると

ごはんを食べて体を温めてからシャワーにするか、シャワー後の冷えた体を温めるためにごはんを後で食べるか、非常に悩むところです。

結局、きょうはシャワーを先にしました。実はルームメイトがボイラーを20分しかつけないことが判明し、少し反省した私はいつもの40分を30分に短縮してはいりました。

さむい。すごくさむい。浴びている最中に鳥肌が立っていてなんと苦痛なひと時。

寒くなると日本のお風呂や、温泉がうらやましくなります。

日本だったらお風呂にはいるのは苦痛ではなく、癒されたり、血行をよくしたり、肌もしっとりしたり、心身ともに楽しめる場所なのですが。

寒い日は熱いお風呂に入るという楽しみなんて、今住んでいるアパートではかなた宇宙の果て。

実はイスラエルにも温泉が2箇所あります。

ひとつはハマット・ガデルというところ。

乳白色でも透明でもない緑色の湯

マッサージ効果全くなしの打たれ湯

水着着用で入湯

露天風呂なんて風流なものとはかけ離れた屋外風呂。

屋内休憩施設なし。

休憩場所は、「プール」サイドに並んだビーチベッドのみ。

日本の温泉を少しは期待していきましたよ。

みごとにその淡い期待を裏切られました。

温水プールもどきの温泉にがっかりしたどころか、あまりの寒さにすぐ帰りました。

ああ、温泉に行きたい。スーパー銭湯でもいいな。
by miche13 | 2005-12-23 22:27 | イスラエル人とは
エルサレムはやっと冬らしい寒さになってきました。

今日こそレザージャケットの威力を検証するため

レザーで出かけました。

ジャケットの下が薄着だったせいか、一日中鼻水でまくりで寒かった。

レザーの下には大量に着込む

これが一番大事なようです。

b0012031_855532.jpg

「わしは売り物やないで。」


b0012031_8595383.jpg

「この丸みがたまらん。」


b0012031_923397.jpg

発電機屋(?)の入り口に鎮座する巨大招き猫

b0012031_913156.jpg

あ”~。セグウェイを乗り回して楽しそうですね。

日本って平和っすね。
by miche13 | 2005-12-22 07:04 | ねこ

レザージャケットとダン

ポーランド人とレザー

japolskaさんのところからトラックバックです。

なんでもポーランドは極寒なせいか革製品大人気なのだそうです。

なになに、マイナス20度という寒さっつうものをを超えた世界でもレザージャケットで大丈夫なのか。

革のソファーって冷たそうな気がしていたが暖かいのか。

私はレザー・ジャケットは寒いと思っていたので、真冬はダウンです。

だが、マイナス20度の国の人が言うんだから、暖かいのかもしれない。

そこでその暖かさを検証してみました。

レザージャケットの下には、フリースのシャツとその上にセーター、マフラー、ジーンズという服装でスーパーに出かけることにしました。

エルサレムは昨日とうってかわっていきなり冬らしい気候になったので、これでは寒いかもしれない。


さっそうと外に出ると、思ったより寒さを感じない。

ところが、外は雨だった。よって外出中止。

現在その服装のままで部屋にいますが、冷え込みの激しい夜半過ぎでも全く寒さを感じません。すごいぞ、レザー。下に着すぎという気もするが。

ということで、今日は外界との接触を絶っているため平和な一日。

ところが、新聞を読んで非常に頭に来た。

エチオピア系ユダヤ人の女性がバス(ダン社)に乗ったときのことです。
お金を渡すと、運転手が

「こんな汚い金受け取れねーよ。あんたの金は濡れてて、病気やばい菌がいっぱいついてるよ。」

彼女は子供と一緒だったので、子供が傷つきはしないかが一番気になったようです。

運転手が金を受け取らないし、彼女にはそれ以外の札はなかったので、

とりあえず座ったら、運転手はバスを止めて、

「金を払ってないんだから、降りろ。」

他にも暴言をずっと吐いていたらしい。

見るに見かねた乗客がかわりに運賃を支払い、やっと運転手を黙らせることができた。

バスという公の場で、たくさんの人の目の前でひどい仕打ちです。

彼女は「イスラエルに来たら差別を受けないと思ったのに。でも、バスで私を助けてくれたよい人たちもいるのでうれしい。」とポジティブ思考ですが、

こんなことされたら私だったら泣いてるな。

遡ること数年前、私もエルサレムの中央バスセンターでひどい仕打ちをうけたことがあるんですよ。

禁煙席でファラフェルを食べていると、ガラの悪いおっさんと女が目の前に座ってタバコと吸い始めたので注意をしたのです。そうしたら

「お前はユダヤ人か。」と聞くので違うと答えると、えらい剣幕で

「ヘブライ語はな、ユダヤ人のためのものなんだ。お前なんかがしゃべっちゃあいけねーんだ。」と、言われまして、

へんなやつらの言うことを真に受ける必要はないのだ、とわかってはいても

当時は来たばかりで、なんとかこの国に溶け込もうと努力していた。

今ではひとかけらも残っちゃいないかわいらしい時期だったので、ショックをかなり受け

トイレで号泣しました。

でも、助けてくれる人もやはりいて精神的に救われましたけど。


で、ダン社ですが、「わが社には差別者の居場所はありません。もし運転手がこのような言動をしていたら即刻クビ」と言っています。

ダン社は彼女に謝罪していますが、運転手本人に謝罪させるべきです。

以前エゲッドの運転手が、ヘブライ大で警備員をしていたエチオピア人に差別用語を吐きクビになっています。

イスラエルってわりと簡単に人をクビにすると思う。

空港からのシェルートの運転手が、乗客におつりを渡すのをしぶったり、目的地まで運転しなかったり、態度があまりにもひどかったので、会社に電話。

「かけなおすから。」といわれて待つこと1時間。

「クビにしたから。」

えっ?クビにしなくても。

1回目は勧告ぐらいにして、教育して欲しいのに。これじゃあ、クビになっても別の会社で運転手として働いて乗客にいやな思いをさせるのは変らない。

とかげのしっぽを切るだけじゃだめなんですよね。また生えてくるから。
by miche13 | 2005-12-21 07:28 | イスラエル人とは
昨日はシャロンがぶったおれたり、ガザでそのお祝いがあったり、極右系パレスチナ人がシャロンの死を願ってお祈りしていたり、先週アシュケロンにぶち込まれたカッサム・ロケット砲がもし原油が流れる工場地域に直撃していたら大惨事になっていたことを危惧したり、小学校6年生男児が小学校のPCでポルノサイトを閲覧しまくった挙句4年生女児を複数で教室や図書館など校内でレイプしたり、ハレディやパレスチナ人も兵役代替奉仕につくことになったり、インドの刑務所に服役中のイスラエル人6人が「(インドで)ドラッグに手を出すな」という手紙をイスラエル紙で公開したり、5歳児がキッチンにあったエクスタシーを飲んで病院に担ぎ込まれたり、真っ暗な中庭で猫と話しているところを教授に目撃されたりと激動の一日を送りましたが、よいこともありました。

今日乗ったバスの運転手の腕には毛がなかった。


エゲッドの次なるサービスは脱毛だ。


エゲッドは、より快適なバスの旅をお客さまに提供いたします。

そのため運転手にはシャツ、ネクタイの着用はもとより

脱毛を課し、

みなさまに愛されるエゲッドを実現できるよう日夜努力をかかしません。

てなことが実現することが私のささやかな夢。



先週、新しい法案が提出されました。

電気やかんの温度は50度まで


なんでも子供がやけどを負う事故が増えているので

やかんのお湯はあまり熱くならないようにしよう


ということらしい。


子供の手の届かないところに置くか、教育しませんか。


50度なんて沸騰してないじゃん。こんなお湯飲めないよ。

この法案が通過したら

100度のお湯が沸かせる今の電気ポットにプレミアがつく日がくるのかもしれません。

しかし、問題の根本的解決に全くならない法案が承認されたりするのかな。
by miche13 | 2005-12-20 07:39 | ニュース