エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー

<   2005年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ねこと美少年

大学の中庭で、ねこと美少年鑑賞というイスラエルでは100年に一度起こるか起こらないかの甘美な世界を堪能していました。

ところがそこに学友が乱入し

「いつ修士終わるの?」ととぼけたことを聞くので
「は?」と、聞き返すと英語で質問し始めた。
「いや、言葉の問題じゃなくて、君の質問の意味がわからんのだよ。もう修士は終わったよ。」
「え、いつ?」
「ずいぶん前。」
「じゃあ、きみはここで何してんの?」

だいたい人にプライベートなこととか質問ぜめにするくせにすぐ忘れる。というか人の話を聞いてない。私は何度上記のような会話をイスラエル人と繰り返してきたことか。

ねこと美少年に戻ろう。
イスラエル人は猫がいても干渉しないかわりに猫かわいがりもしない。

中庭にいても自分が食べているものを分けてあげる人を見たのは今日が初めてだ。キャットフードや水をあげて猫の世話をしている人は数人いるけど。

たしかに一匹にあげれば大学中の猫が集まってくるのだから、よっぽどの覚悟が必要だ。
この美少年も10匹のねこに取り囲まれていた。うらやましい。私のところにはかろうじて1匹のねこが残り私のチーズを分かち合った。

今日半年振りにイスラエルに戻ってきたイスラエル人と大学でお茶をしていると

「すごい変な人がいる、ほら。」っていう方向を見たら麻原しょうこう見たいな人がいた。

「あそこにも変な人がいる。」

「いや、私にとっては普通だけど。」

「え、そう?久しぶりにイスラエルに戻ってきたら変な人ばっかり目に付くんだけど。」

変な人が増えたのではなく、彼はイスラエルを長く離れていたのでどっぷりイスラエルに浸かっている人には見えないものが見えるのだろう。
by miche13 | 2005-06-30 07:11 | ねこ

換金屋

生検には激痛が伴うことを日本で検査した友人から聞いてはいた。

しかし結果を友人に報告すると驚愕していた。

日本では超音波の機械を使い場所を確認しながら針を刺すのだそうだ。

私の場合は目隠しして針に糸を通そうとするような神業に近い行為だったのだ。

だから失敗したのだろうけど。

さて、私はいかつい顔をしたおっさんを笑わせることを目標として生きていますが

今日はいつも怒ったような顔をした換金屋のおっさんを笑わせることに成功しました。

笑わせたつうよりもむこうが勝手に笑ったんだな。

おそらく今でも一番レートがいいお勧め換金屋です。一度ぱくられました。ちなみにキカール・ツィオンのLeumi銀行の隣です。強気で交渉するとレートを上げてくれます。

次の目標はヘブライ大Mt.Scopusキャンパス図書館の入り口に座ってる仏頂面の警備員です。
このおっさんをぜひ笑わせてみたい。
by miche13 | 2005-06-29 03:49 | イスラエル人とは

イスラエル激痛体験

今朝、生検を受けてきました。
医者はベッドのある検査室に私を連れて行き、看護士に何がどこにあるかという質問をしています。ゴム手のありかも知らない様子。もしかして初めて?

またこの注射針が巨大で、それに巨大な注射器をつけてさらに吸引機をつけ組織を吸い取るんだけど、この医者4回もやってその内一回は失敗。
看護士に注意されたにもかかわらず、ガラス標本を作るため注射器をガラススライドにがんがん叩きつけてわっちまいやがった。

「だから言ったでしょう。」と怒る看護士に
「これ、もう使えない?」
「だめよ。」
「じゃ、もう一本採るか。」
って、人の体をなんだと思ってんねん。私は痛さを感じる生物やちゅうねん。

しかも 「あ、血が出てます。」とか実況中継するのはよせ。

やっぱりイスラエルでの手術はよしたほうが無難だ。

非常に痛い思いをしたのに保険会社が待ったをかけてて、あの標本はまだ検査に送られていないのだ。
あまりの激痛にバイトも休んで、しかも保険会社とのやり取りで血圧があがりちっとも勉強できないという多大なる損失をこうむった。

これからやるか。
by miche13 | 2005-06-27 23:38 | イスラエル人とは

エルサレムの病院

またもや病院にいってきました。

日本だと1時間で済むところが、ここでは10日かかりました。

医者の予約を取り、診察を受け、検査必要書みたいなのをもらい、検査の予約をし、検査を受け、結果を受け取り、医者の予約を取り、また医者に指示を仰ぎに行く。

前回もそうだが、今日も医者は2時間も遅刻してきた。

私が到着するとすでに朝から待っているという緊急の患者。予約のない緊急の患者は待ち患者がいないときに診察をしてもらうのだが、15分刻みで予約が入っているのにいつ割り込めるというのだ。風邪を引いて急に高熱が出たときも、このように何時間も待たされるのだろうか。悲惨。

なかなか来ない医者を、まわりの患者たちとぐちを言いながら待っていると、ある患者がその医者の部屋のドアノブを回してみた。開いた。その超正統派ユダヤ教徒である患者は中に入ってしまった。
中に入ったまま出てこない。何をしているのだ。医療器具をハレディがさわりまくったりしていたらと考えると、私はいても立ってもいられず受付に報告に行った。
ここの受付の人たちはよく仕事をする感じのいい人たちだ。

受付の人がドアを開ける。

「なにしてんの。」

受付の人は彼を残したままドアを閉めた。中にいることが許されるとはどういうことだ。具合が悪くてベッドに倒れこんでいるとでもいうのか。

「お祈りしてるって。」

う~ん。こういう手を使われると何も言えねえ。

イスラエルの医師はわりと人の話を時間をかけて聞くし、説明も詳しくしてくれるので(おしゃべり好きというのがプラスに作用しているよい例かもしれないが)予定の15分を過ぎてしまい、このように遅刻してくるのではないかと思った。

で、今日の診断。

「でもどっちにしても摘出したほうがいいって超音波の技師もお勧めしているので手術室でやらなきゃいけない。」

えっ、初手術♪ しかもイスラエルで。最強のブログネタじゃん。
いや、そんなこと言ってる場合じゃないや。日本じゃこんなの取り出さないでほっとくらしいのに。。。

「小さい手術だけど、美容上のこともあるのできれいにやってあげるからね。」
と言ってくれた医師の手は非常にでかかった。
by miche13 | 2005-06-27 06:49 | イスラエル人とは

イスラエルでの心霊現象

イスラエルにはおばけは存在しない。だから大丈夫よと言われ続けてきた。だから安心してた、つい最近までは。

でもなんかいるらしいですよ、ここにも。先日、ある人から体験談を聞いたのだ。それ以来私は寝るときも電気を灯けたままです。

なぜか私が行った哲学科には霊感の強い人が多く、体験談をよく聞きました。日本のおばけには般若心経が効くらしく、アーメンとか唱えても全然効かないそうです。
ユダヤ教の場合は何が聞くのだろうか。

あ、なんかもっと明るい話題にきりかえないと
by miche13 | 2005-06-27 05:01 | イスラエル人とは
こんばんはぁ。巨乳大国イスラエルよりエルサレムの現状をレポートします。

私の独断と偏見によるイスラエルでしか見られない現象バージョン2です。
もしかしたら他の国でも見られる現象かもしれません。その場合はお知らせください。

図書館編
お菓子をぼりぼり音をさせ食べながら本を読む
りんごをかじりながら本を読む
サンドウィッチを食べながら本を読む
歌を口ずさむ
携帯電話に出て「今図書館にいて話せないから」と大声で答える。
机やものを叩いてリズムを取る。(非常に気が散ります)
机の上に頭をかきむしったような髪がたくさん落ちている。(はげになるのでお気をつけください)
貧乏ゆすりがうるさい。
落ち着きがない。(じゃあ帰って寝れよ)
ボックス席で女の子をひざに乗せいちゃいちゃする。(ここはピンサロですか?)

大学生編
見た目がおっさんの人がかなりいる
酒も飲まないのにビール腹の人がかなりいる
髪がない人が多い
甲子園球児でもないのに丸刈り(日本でもはやっているそうだが断固反対)
ジーンズやパンツの裾がたごまっている(意味は仙台の人に聞いてください)
利点は教授に対してもはっきりと反対意見を言えること

次回は映像付きで上記現象を証明したいと思います。
ピンサロ席の隠し撮りはかなり難解ですが。
乞うご期待
by miche13 | 2005-06-23 06:35 | イスラエル人とは
イスラエルでも列車事故です。

b0012031_6425349.jpg


北ベルシェバでトラックが通過中の電車と接触し、その衝撃で電車はバランスをくずし一両目と2両目が脱線し完全に押しつぶされた。

乗客の多くが電車の下敷きになった。

この事故で7人死亡、196人けが、うち26人重体。トラックの運転手も死亡。どうも会社が超過労働させていた疑いがあるらしい。どこの国でもトラックの運転手は長時間運転をさせられているようですね。

b0012031_644320.jpg


電車にはかなりの兵士が乗り合わせていたようで、彼らが持っていた個人の救急道具を救急車が到着する前の救助活動に役立てていたようです。

どこかの国とは違い、救急車、消防車、レスキューチームのみならず空軍までもヘリを出動させ救助活動を行った。

死傷者の多くは1~3両目に集中していたそうです。やはり前のほうの車両は怖いですね。みなさんも電車に乗るときは気をつけてください。
by miche13 | 2005-06-22 07:00 | ニュース

爆弾パンツ

Excite エキサイト : 主要ニュース

きのうは久しぶりにテロ未遂です。見逃してしまったがテロ未遂犯がテレビ出演をしていたらしい。
b0012031_628162.jpg

21歳の女性、Wafa Samir Ibrahim al-Biss、がやけどの治療のためベルシェバの病院に行く途中ガザ地区エレツ検問所を通過中御用となったらしい。

なんと10kgの爆発物をしかけた爆弾パンツをはいていたらしい。10kgというとかなりな重さです。そんなパンツをはいてはたして歩けるのか?非常に不自然きわまりない歩き方になるに違いない。
一度重さ10kgの防弾チョッキを着てみたことあるけど、重くて動けません。

Wafaはベルシェバの病院のもっとも人の多いところで自爆するよう指示を受けていたそう。
彼女は治療のため当然通行許可証を持っていたのですが、このような未遂事件が起こると今後検問所を通過する病人たちをチェックすることを余儀なくされます。

Wafaはテレビのインタビューに対して、イスラエルのガザ地区およびウェストバンク地区占領に対して自分は子供のころから殉死によって抵抗するのが夢だった。決して全身やけどのせいで悲観的になったのではないと答えていましたが、その後続く質問に対して矛盾点が出てきました。

「自分はテロを行うつもりはなかった。しらないうちに爆弾パンツを装着されていたのだ。」と。

かなり長い服役になるだろうと記者が告げると「私は誰も殺してない。彼らは私を赦してくれると思う?慈悲が与えられるとことを祈ります。私は誰も殺してないもの。」

ほとんどの自爆テロリストは無理やり殉教者にしたてあげられて利用された若者たちだろう。Wafaの場合は未遂に終わってよかった。でも、これだけイスラエル当局にしゃべってしまったら刑を終えてパレスチナ側に戻ったときに処刑されるのではないかという不安は残る。
by miche13 | 2005-06-22 06:20 | ニュース
新聞に近隣諸国には観光客が戻ってきたけどイスラエルにはあまり。。。って見出しが載ってた。

近隣諸国2004年観光客数

1位はエジプトで770万人

2位はシリア 400万人

3位 キプロス 240万人

4位 ヨルダン 170万人

5位 イスラエル 150万人

6位 レバノン 130万人

イスラエルにはなぜ客足が増えないんでしょうね。
ビザ問題は大きいかもね。
エルサレム在住の神父や牧師にも宗教ビザを出さないし、観光客にも観光ビザの延長をしないということも多少は影響しているのではないだろうか。
by miche13 | 2005-06-22 05:23 | ニュース

アラブ音楽

P307HDiさんからMusical Batonが回ってきた。
イスラエルの音楽のことよく考えたら知らなかった。
ので、ビデオクリップが楽しいアラブ音楽をご紹介します。


いちおしはクウェート人歌手、ナビール・シュイエル。おばQ系です。
画像はつけずに声だけで売り出したほうがいいような気がします。
壁紙も出ているようです。クリックしてみたけどうまく飛べなかった。ナビールの画像だけコピーができなかった。レベル的にはSMAPと同じだと見た。
ビデオクリップはこちら
http://www.3arabiavideo.com/singers/arab_singers_male-JUnE/nabeel_shuiel/nabeel_shuiel-min_qal.html

ビジュアルに耐えられる歌手もちゃんといます。
レバノン出身ポップ歌手 ラミー・ayach

http://www.ramyayach.com/discography.htm
b0012031_32202.jpg


つぎに私の独断と偏見によるアラブ美女
アラブ首長国連邦の歌姫 Razan Moqhrabi
b0012031_2521371.jpg

いやあ、このサイトはど派手です。アラブ人というとついおばQ姿を想像してしまう私を200%裏切ってくれました。アダルトサイトかここは。
http://www.razanmoghrabi.com/

なんだかバトンがひとつここでとまってしまいそうです。。。
by miche13 | 2005-06-20 02:52 | 生活