エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

満月の夜の猫

どうも今晩は満月らしい。
夜半過ぎともなれば猫たちがそこらへんを徘徊しているはず。
引越しをあすに控え、もうここの猫たちと毎日顔を合わすこともなくなるのだと思い、
魚を煮て差し入れに行った。
それなのにだれもいないじゃないか。魚の香りで寄ってきたのはたったの一匹。
いつものメンバーはどこに行ったのだろう。
満月の夜の集会にでかけているのだろうか。
ぜひ追求してみたいものだ。
近くの公園など猫スポットまで行ってみようかと思ったが、深夜に煮魚を持って徘徊するアジア人の姿は不気味だろうと思いよした。

さて日本からイスラエルに戻ってきてから実はずいぶん経つのだ。
いろいろと書きたいこともあるが、まずは引越しが決まったことをご報告したい。
あす引越しだ。
運搬のみは180シェケル(約5000円)でを行ってくれる業者に電話をしたら過越祭の期間中は仕事はしないとのこと。
ユダヤ人がこの期間仕事をしないのならアラブ系をあたればいいや。
アラブ系友人に相談をしたら、家具屋さんだったら大型車をもっているはずだから彼に聞いてみてくれることになった。
私も顔見知りの人だ。
あとで2人で家具屋に話しに行った。

友人「さっき話したとおり引っ越しのために車を出して欲しいんだけど、来週の火曜26日は大丈夫か。」

家具屋「ああ、大丈夫だよ。今ちょうどそこに車とめてるけど、そのくらいの大きさでいいの。」

私 「うん、十分。引っ越しの荷物を運んだりしなくていいから、ずっと車に座ってていいから車の運転だけお願いします。」
家具屋 「じゃあ、26日の午後ね。」
友人 「で、いくらぐらいでやってくれるんだ。」
家具屋 「’‘*+&#」 

金の交渉になるとアラビア語に切り替えてしまったのでなんといっているのか理解不可能。

友人 「ちっ。」(イスラエルで舌打ちはNo.という意味なのだが、アラビア語圏もそうなのか?)
家具屋 「300シェケル(7800円)」
友人 無言で指を2本立てる。(友人には200シェケル希望と伝えていたので)
私 「前使った引越屋で180シェケルだった。」
家具屋 「じゃ、200。」

26日の朝に電話をして午後の何時か時間を教えるということで電話番号をもらった。
帰りがけに友人が
「もしも何かあったらそのときはぼくが車で運んであげるから」と言ったのが非常に気にかかる。
何かあったらというのは、家具屋がすっぽかしたりしたらということか?
当日ではなく前日にお知らせしようと思い電話をしているのだが、ずっと留守電。
ううん、まずい。
by miche13 | 2005-04-26 07:41 | ねこ