エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2004年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人質事件2

人質殺害は誤報だったあ?!
すっかりアメリカ人に翻弄されてしまった。
今起きてネットでニュースをチェックして愕然。さっきまでの重い気分を吹き飛ばしてくれたが、アメリカ人は人の顔の判別ができないのか。
彼らからみた東洋人なんてみんな同じに見えるのかもしれないが、東洋人とアラブ人の区別くらいつけられないのか。頭がない遺体ではなかったわけなのだから。
まったくの別人を酷似していると言って日本中を混乱と悲しみに陥れたその罪は大きい。顔の判別どころか体格の区別もつかないアメリカ人の脳の識別システムは狂っている。これまでにも別人を死者にしてしまっているのだろう。

ただ少しはほっとした。

実はさきほど起床し、すぐに下記の投稿文を書いたのだ。誤報に翻弄された一日本人の気持ちを表すためあえて載せることにする。

人質殺害事件から一夜あけたが、私の重い気分はまだ続く。
2000年9月に勃発したインティファーダのときと同じ気分だ。
毎日のように、人命が奪われる。私が住んでいる町で、私が歩いたことのある場所で、爆弾テロにより人間の体はいとも簡単に原型をとどめない肉片になってしまう。それに対する報復でさらに命が奪われる。両方とも常に犠牲になるのは一般市民だ。
そんな悲惨なできごとが毎日続いた。私は動揺し、勉強など手につかなくなる。食欲もなくなる。そのときの気分と同じだ。
今回の事件はさらにやりきれない。彼は身を守るものを何ももたず自らライオンのおりに入ってしまったのだから。
だが、自業自得であると非難する人たちでも、やはり無事に帰ってきてほしいと願っていたはずだ。
かくいう私も、彼の安易な行為を非難はしていたが、日本政府が身代金を支払い彼は世間から非難の声をあびながらも生きて帰ってくると思っていた。
お金で何とかなると考えていたのは私も安易であった。
アルカイダの目的はお金でも、自衛隊撤退でもないのだ。
48時間+の時間しか与えず、またその後の交渉を断ち、日本政府に自衛隊撤退を検討させる時間を与えなかった。
人質をさらに長く捕らえておけば日本政府は窮地に立たされ、撤退を考慮することを余儀なくされる。人質は長く捕らえておいたほうが、要求を相手に受け入れさせることができるのではないか?殺害にいたる時間が短すぎると思うのだ。
もしくは水面下での交渉がうまくいかなかったのかもしれない。

私は自衛隊駐留には最初から反対であるが、人質事件の原因が自衛隊であるとは思わない。政治的イデオロギーを利用した彼らのプロパガンダに乗せられてはいけない。テロリストの要求に応じて自衛隊を撤退させるということは、テロリストに加担するのと同様である。彼らはイラク復興を目的としていないのだから。両者はまったく別に議論しなければならない問題である。イラク復興のためには自衛隊よりも支援活動の経験があるNGOなど民間人のほうがよっぽど有益だと思うが、こういう危険な状況ではNGO派遣はもうかなわぬ夢である。

無事開放されることを願う
by miche13 | 2004-10-30 21:50 | ニュース

邦人人質事件

邦人人質殺害されてしまいましたね。
(確定して書いている記事を読んで、早まって書いてしまいました。今、身元確認中とのこと。)

でも、だれかが殺害されているということですよね。

とてもショックです。

イスラエルで皿洗いのバイトをしてまでお金を貯め、(といっても100ドルしかもっていなかったらしいが)自分の目で状況を見たいと言う志と、実際に行動を起こしたその実行力はすばらしいと思う。

でも、場所が悪かった。

ジャーナリストでさえも外出はできず、軟禁状態のなかで記事を書き続けている。
そんな状況なのになぜ行ってしまったのか。
なぜもっと強くとめなかったのか。

こんなこと今さら言ってももうどうしようもない。
でも、日本人はもっと警戒心や懐疑心を持ったほうがいい。
危険はイラクだけではなく、どんなところにも、日本にだってあるし、悪い人はどこにでもいる。
海外に出るときは特に慎重に行動し、人を信用しすぎないようにしなければならないと思う。つまり、幼稚園のときに習った教訓「知らないおじさんまたはおばさん、おねえさん、おじいさんについていってはいけない」を忘れてはならない。

ホテルのドアを簡単に開けない。夜道を歩くときは建物から離れて歩く。後を付いててくる人がいないか気を配る。
自分の荷物をちゃんと管理して、すりに気をつける。現地の新しい確かな情報を常に入手する。
書けばきりがないほどある。
バックパックに荷物を詰めるときに、自分の身を守る術もつめて海外に出かけてほしい。
by miche13 | 2004-10-30 06:54 | ニュース

雨と法輪功

きょう、朝起きたら雨が降っていた。
人のすぐ頭上を鳥が飛んでいた。
鳥が低空飛行しているのは雨が降る前兆だと言ったゴルゴ13の言葉は正しかった。
イスラエルではほとんど雨は降らない。夏はまったく降らず、冬が雨が多い時期である。 ただし、日本と降り方がかなり違う。降ってもすぐやむ。その瞬間もう晴れ間が見える。
そのせいか、傘を持っていない人が多い。

どしゃぶりなのに傘をささずに涼しい顔で歩いている人をたくさん見た。
かくいう私も2年前までかさをもっていなかった。
雨が降ったら、走るか、止むまで雨宿りするか、または外出しないかのどちらかだった。乾燥しているので、洋服がぬれてもすぐに乾くのだ。

しかし、きょう観察したところによると、傘を手に持っている人がかなりいた。

帰りにあやしい白装束+黄色の前掛け集団にでくわす。

全員同じポーズをとったまま、微動だにしない。

戦没者に黙祷をささげているのか?いや、戦没者およびホロコーストメモリアル・デーは今日ではない。では、前衛的ダンサーのパフォーマンス?
近づいていくにつれて、黄色の横断幕にかかれた文字が漢字であることがわかってきた。
裏側から読んだのではっきりとはわからないが

大法輪功

と書かれていたようだ。

なんだか怪しい新興宗教臭が漂っているように感じ、写真をとることを躊躇してしまった。別に怖がる必要はないのだが。ただ単に気功パフォーマンスを行ってるだけなのかもしれないのだから。

ネットで検索してみたら大法輪のサイトにイスラエル支部のHPがあった。

http://www.falundafa.org.il/ver_01/gallery/gallery.php?p=1

わたしが見た集団であった。

気功や平和活動を行っているグループのようだが、その実体はわたしにはわからない。中国で逮捕者がでていたグループもこのような名前だったような気がするが、よくわからない。
びらを配っている人の後ろを通り過ぎようとしたとき、中国人かと聞かれた。
違いますと首を振って答えた。
後ろから「ニイハオ」と叫ぶ声が聞こえた。
ちがうっつってんだろうが と怒鳴り返したかった。
by miche13 | 2004-10-29 23:35 | 生活

アラファト危篤

きょうの体温36.52

b0012031_855313.jpg

アラファトが水曜日に倒れた。

アラファトのその後の記事を今 www.haaretzdaily.com でチェックしたところ、こんな元気な姿が映っていた。さすが不死鳥です。

今まで一度も見せたことのない笑顔で元気さをアピールしている。

それほど病状はひどいのであろう。

ある匿名の医者は上記サイトでこう述べている。

致命的な血液障害で、病原菌を破壊するはずの血球が血小板を破壊しているのだ。

あすフランスに飛んで検査を受けるそうだ。
by miche13 | 2004-10-29 08:13 | ニュース

手袋の行方

きょうの朝7時の体温36.44℃

指導教官のところに行った。なんだかあまり親切に教えてもらえなかった。
きっと急いでいたにちがいない。そうにちがいない。
だが、私のなかに釈然としない思いが残った。
この行き場のない感情をどこでどのように処理しようか。
こういうときに限ってみんな授業に行ってたり、勉強が忙しかったりで私の相手をしてくれる暇人など皆無だ。
かといって、一人でお茶をする気分でもない。こういうときには、体を酷使する行動が適していると思われる。
私はこのくすぶったもやもやを脂肪とともに燃やしてしまおうと考えた。
さっそくジムに向かった。
会員の期限が切れていた。加入して一年も経っていないのに。
「いつ入っても学生は9月30日で期限が切れるの。」
「じゃあ半年でも?」
「そうよお」
電話で友達とおしゃべりはしているが、同時に仕事もちゃんとこなしている事務員はそう言い放った。

理不尽だ。

1年分の会費を払っているのだから、1年分使わせろ。
逆らっても仕方ないのでおとなしく支払いをすませ、運動してきました。
ただ、手袋がなかったのが非常に残念である。

これから行方不明になったジム用手袋捜索の旅に出ます。
by miche13 | 2004-10-28 03:18 | 生活

かぜ

どうもかぜをうつされたようで喉が痛い。

わたしに向かって咳をするやつがいたからきっとそいつのせいだ。

やつが咳をしているときは、吸い込まないように息を止めていたのに、くやしい限りである。
3時間も同じ教室にいたら仕方のないことかもしれない。

オレンジジュースをたくさん飲んで今日中に治そう。
by miche13 | 2004-10-27 06:03 | 生活

台風とかげ

たび重なる台風にひとこと!
台風23号はなぜかアメリカでは台風トカゲと呼ばれている。

この台風の被害と脅威はCNNの映像で何度も何度も繰り返され放映されました。

地滑りや土砂崩れなどの原因のひとつは、無理な森林伐採などでしょう。

台風の異常発生には、やはり環境破壊が関係しているのかもしれない。

だとしたら、早急にもっと本気で環境問題に取り組む時期が来ているのだと思う。
by miche13 | 2004-10-25 06:59 | ニュース

webdate

先月休み続きで引きこもっていたため、無性に人恋しくなった。
独房にはわたしは向かないことを強く実感したのであった。

おもしろい掲示板も見つけられない。じゃ、メル友でもさがそうかと思ったが、出会い系ばっかりだし。で、とりあえずイスラエリーの顔でも観察しようとwebdate.comを覗いてみた。画面に写真が表示されたとき、思わず悲鳴をあげたね。
20代でこんなにふけていていいの?しかし、そんな中でもひとりかわいい子がいたので、画像を大きくしてみようとクリックをしてみた。
こんな操作でさえメンバーにしか許されていなかった。
とりあえず、うそのプロフィールをつくってメンバーになった。
ある日、メンバー登録するために作ったメールアカウントをチェックした。
なんか変なメールが来ていた。

自分はアダムという名で31である。女にとっても飢えている。

と書いてあった。どんな面下げてこんなメールを送ってくるのだ。
しかし、残念なことに写真は載せていなかった。

驚きがほしい人はwebdate.comを覗いてみるがよい。
期待は裏切られるまい。
by miche13 | 2004-10-25 06:19 | 恋愛

授業中に見た光景

季節を反映してもみじに衣替えしたのに、エルサレムはまた夏に舞い戻り、最高気温32度最低でも20度なのだ。
まだみんなサンダルにへそだし、胸だしの真夏の格好だ。

授業中、席がなく床にあぐらをかいて座っている生徒がいた。
ひとりはかなり半けつ状態で、おしりが半分露出。
隣に座っている生徒はパンツが露出。
いくら女の子のでもあそこまで見えているとちっともうれしくないね。
by miche13 | 2004-10-19 08:38 | ねこ

ラマダンの影響

新学期が今日から始まりました。
キャンパス間を走るシャトルバスを私は待っていた。バスが到着すると皆いっせいに乗降口に殺到。
私は2番目だったのに乗り込んだのは最後だった。ここでは並ぶということは、人の前に並ぶことであって人の後ろでは決してない。
新学期早々切れた。

早めに学校を切り上げて、市場に行った。
まだ4時なのに閑散としているのはなぜだ。しまっている店もかなりある。
明日は祭日なのか。いやそんなことはない。
じゃあ、なぜ。トマトを選別しながら考えた。
あ、ラマダン明けの晩餐に参加するためイスラム教徒は早く店じまいしたのだ。
ああ、私のお気に入りのねぎやも閉まっている。
ラマダンが私に直接的な影響を与えるとは。
あと1ヶ月ほどの我慢である。
by miche13 | 2004-10-18 07:38 | 生活