エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:学生ビザ取得の旅( 36 )

学生ビザ

今日、聞いた情報によると学生ビザの上限は5年が定着してしまったようです。

テルアビブの内務省では、5年までしか出さないから

と、明言しているそうです。

これを受けてかどうかはわかりませんが、

日本も学生ビザを5年までしか出さないよう改定したらしい。

ビザは両国間の相互協定に基づいて出すものだから、適切な対応だと思う。

けど、イスラエル人留学生のみを対象にしているわけじゃないのだろうから、

他国の学生にも影響が出ることになりますね。

というわけで、私が内務省に学生ビザの返事を聞きに行くのは時間の無駄

ということがわかりました。

これから外国人は、イスラエルの大学に留学しにくくなりますね。


昨日、大学のコンピュータールームで勉強していると、後ろでものすごい音がしました。

イスラエル人は、やたらと大きな音を立てる人種。

後ろを振り向くと、椅子ごと後ろにひっくり返ってた。

かばんとか、お菓子の入ったタッパーとかが散乱。

「大丈夫?」と、聞くと

「椅子が壊れちゃったよ。」

椅子の後ろ足が逝ってました。

イスラエル人学生はよく、椅子を後ろの2本足だけで立たせるような座り方をするので

かなりの負荷がかかり、壊れることがよくあるのだ。

彼がそういう座り方をしていたかは定かではありませんが。

そういえば、うちのルームメイトも大きな音を立てる人です。

すべてのドアをばたんと音を立てて開閉。自分は気にならないのかな。

彼女はパブでバイトをしているので、深夜もしくは早朝に帰宅するのですが

彼女が帰宅するときには必ずドアの音で起こされます。

先日は、帰宅後料理を開始。料理をするのはいいのだけど、なべの音やら、扉の開閉音やらがすごい。

このままだと眠れないのでお願いしました。

「もう少し静かにしてくれる?」

「起こしてごめんね~。」

長時間のバイト後に料理をするパワーに感動しました。これ朝の4:30です。


先日、クリックしてくださった貴重なあなたに、お約束どおりハレディをプレゼントいたします。
b0012031_20502418.jpg



b0012031_5242533.gif
いつもクリックありがとうございます。
by miche13 | 2006-12-01 01:30 | 学生ビザ取得の旅

モスクワ

やっと到着。モスクワに行くのがこんなに大変だとは思いませんでした。


b0012031_4265818.jpg


モスクワの治安の悪さを聞かされていたので、日没後はなるべく行動しないようにと考えていましたが、夜11時近くまで明るかった。
ふらっと一人でパブに寄って生サーモンを肴に生ビールを飲んだり、200店舗以上はあるらしい寿司バーに行ったりしても、誰も干渉してこない。でも無関心なわけではなく、必要なときにはいつでも助けてくれる。

とは言ってもロシア語はぜんぜんできないし、英語を理解しない人がほとんどなので、言葉の点ではとても苦労しました。
一度は万引きに間違えられて、ロシア語でどなる警備員に英語で対決し、とりあえず事なきを得ました。
いえ、キオスクで買ったお菓子をバッグに入れてスーパーに入ったんですよ。レシートももらってないし、レジ袋にもいれてないからたしかに怪しいですけど。
本当に盗むつもりだったらバッグからお菓子をのぞかせてないし、そもそもこの商品はこのスーパーでは売っていない。
b0012031_4275485.jpg

シナゴーグです。通常の殺風景なシナゴーグとは違って壮麗です。

b0012031_4292228.jpg

デパートですよ~。エルサレムのショッピングモールとは大違い。
モスクワの都会さに感激していたら、日本から来た人から
「エルサレムに住んでるからそういう風に感じるんだよ。」と言われました。
そうですか。日本から来た人からすれば、いなかですか。
私はエルサレムからは足を洗い、モスクワに住みたいとまで思ってしまいましたよ。

地下鉄も2分に一本ぐらいの間隔で運行ですよ。エルサレムでは20分ぐらい平気でバス待ちです。
地下鉄までのなが~いエスカレーター上では本を読んでいる人もたくさんいるんです。
地下鉄内もすごく静かで、携帯でおしゃべりしている人なんか皆無。本を読んでいる人がたくさんいた!

滞在中、誰からもじろじろ見られなかった。それがこれほど快適だとは。
いかにエルサレムで窮屈な思いをしているかということですよ。
工事現場を通ると必ず何か言われるので、避けますし、なるべく人がいないところを歩こうとしたりしてます。

一方、イスラエル人はモスクワの人は無関心で冷たいと思ったようです。
「イスラエルだと地図を広げていると、覆いかぶさってくるぐらいでしょ。ここじゃ誰も寄ってこない。」と言ってました。
干渉されたかったようです。

快適なモスクワ滞在でしたが、難点がひとつ。
ロシア人は順番を守るという観念がない人が多い。空港の入国審査の列に大量に割り込みされました。もしかしたら、イスラエルで割り込むする人たちってロシア系だったりするのかな?いや、そんなことないよね。
by miche13 | 2006-10-02 04:52 | 学生ビザ取得の旅
やはりシャバットなのでテルアビブに行くにはタクシーしかなかった。

スーツケースがある分料金を加算されるとはしらなかった。

なにしろ空港からタクシーを使うのはこれが初めてだから。

ちなみにエルサレム行きのシェルートはあった。

需要が高いのだろうか。それともタクシーに乗れない貧乏人が多いからなのかは不明だ。

テルアビブといえど、やはり中心部に行かなければ、シャバット時にできることは限られる。

とりあえず食事をして、その後は映画を見に行った。

空港で友達になった子のウルパンの先生がちょうどハイファから疎開してきていた。

ずっと行動を共にしていたのだが、とても居心地のよい人だった。

こんな先生に習っていたら上達も早いだろうなと思う。

なんとかひまをつぶして夜10時になりました。

トランスアエロから渡された電話番号にかけると、それは

空港のフライト案内だった。ふつうトランスアエロのオフィスの番号を渡すものだが。

とりあえずフライトはありそうだ。

空港に行って確認すると、出発便のところに載ってあった。

ほっと胸をなでおろし、日仏米の三人組でセキュリティチェックを受ける。

やはり一人より断然楽。簡単な質問だけですぐにシールを貼ってくれた。

あれ、でも私のだけ色が違う。

私の場合は荷物をX線にかけるほうに並ばされ

仏米は荷物セキュリティチェックカウンターに直行。

だが私のほうもすごく簡単にチェックが終わり、チェックイン。

こんなに短時間で出国できるとはこれまでにない快挙。

目的地に一歩近づいたようで、私たちの足取りは軽かった。

しかし、そう簡単に出国がうまくいくわけもなかった。

出国ゲートに入り、さらに荷物チェック。


ここでなぜか硝煙反応が私の荷物から出てしまい

セキュリティチェックカウンターに連れ戻され、厳重なチェックを受けた。

でも別室でのボディチェックもたいしたことなかった。

隣の部屋でチェックを受けているアメリカ人は「なんでこんなことされなきゃいけないの。」と号泣していてかわいそうでしたけどね。

チェックカウンターに戻ると

「財布とパスポート以外は機内持ち込みできないから。水もだめだから。」

デジカメやペットボトルの水や、口紅やペンまで全部機内預け。

「え、水も?」

「買えばいいじゃん。」

「空港内で買うと高いし。」

「機内でもらえるじゃん。」

「好きなときに好きなだけ飲みたいもん。」

「じゃあ、ここで飲んでいけば。」

廃棄してもらおうと思ったがむかつくのでそのままパッキングしてもらった。

「でもさ、クレジットカードとかIDとかは持たせてくれる?なくなったら非常に困
るし。」

「カード類はいいよ。」

「じゃあさ、あと、この書類も絶対に必要なんだ。」

「きみのために特別ぼくが許可してあげるんだからね。」ともったいぶっていたが

ここでは口頭尋問が一切なかったので楽だった。

私もリラックスして、つい、トイレを我慢できないというつもりで

「もう爆発しそう。」と不適切な発言をしてしまいました。

お付の人と共にトイレに行きました。

なぜ硝煙反応が出たのか質問したが、うまくはぐらかされ返事はもらえなかった。

考えられるのは、携帯電話だ。

これは2週間ほど前に戦場に行っていた友人のものだからだ。

でも硝煙反応なんてそんなに長く持続するのだろうか。

とりあえずやっと飛行機が飛び立つことになりました。モスクワまであと一歩。
by miche13 | 2006-09-27 04:35 | 学生ビザ取得の旅

トランスアエロ2

またやってきました、ベングリオン空港。

フライトは14時なのに、安息日のため今日はこのシェルートしかないため、朝9時に到着。

シェルートを降りると、空港の入り口でパスポートの提示を求められる。

一緒にシェルートに乗っていた男の人も提示を求められたが、すぐに釈放。

私はというと、無線でセキュリティを呼んでいる。

何か問題でも?私は連日の空港通いでめちゃくちゃ疲れてるんですけど。

それにハイヒールなので立ってるのつらいです。

うまいぐあいに近くにペンチがあったので座って、セキュリティが来るのを待ちましたよ。

簡単な質問を受けたあと、昨日も空港に来たいきさつを愚痴りつつ、

一緒に掲示板を見に行きました。

「フライトあるよ。載ってるよ。」という言葉に安堵しました。

とりあえずビールでも飲みに行こうとバーに向かい、

念のため再度掲示板を見ると


「Cancelled」


え~キャンセル~

ひぃ~、またかよ。オフィスに行くとすでに乗客が並んでましたが、職員はだれも来ておらず。

絶対に乗りたくないエルアルだが、この際しかたがない。フライトがあったら乗ろう。

だが、エルアルのフライトは満席だった。

私は出国できるのだろうか。

ずいぶんと待たされたあげく、職員が説明を始めました。

おいっつ、全部ロシア語じゃねーか。わからんって。


テクニカルプロブレムのためフライトはキャンセルとなり、明日の夜2時にフライトがあるのでそれに乗ってくれ

だが、空港に来る前に確認のために電話をしろつうことらしく

ぎりぎりにならないと飛ぶかどうかわからないのが現状。

ロシア人たちの罵声が飛び交います。

ロシア人がこんなに大声で怒鳴るとは、恐れおののいて立ち竦みました。

普通こういう場合、ホテルなり休憩室なり用意するのが当たり前。

少なくとも食事券ぐらい出せよ。

シャバットで公共交通機関は動いてないし、遠方から来てる人はいったん帰宅することもできないのだから。

私は、目的地が偶然同じだった人たちと夜まで暇をつぶすことにして

テルアビブにタクシーで向かいました。

まだ続く
by miche13 | 2006-09-25 02:42 | 学生ビザ取得の旅

トランスアエロ

そういえば、前回出国したときのことを書いていませんでした。

すごく大変だったので、ずいぶんと暖めてしまいました。


夜2時のフライトだったので23時に空港に到着しました。

まず電光掲示板を見に行くと、フライトが載っていない。うそだろ。

インフォメーションに行くと

「そんなフライトないよ。」

「いや、だって私の航空券には書いてあるよ。」

「オフィスは閉まってるから、明日行って聞いてみたら。」

他人事だと思って、そんな悠長なこと言って。

キャンセルの表示もないなんておかしいですよ。

もしや、騙されたのか。

旅行代理店からもらった航空券の領収書にも、どの書類にも

電話番号は書いてなかった。問い合わせの電話はかけてくれるなということですか。

藁をもすがる思いで探すと、代理店がくれた保険屋とかの電話番号があった。

そこにかけてみると深夜にもかかわらず出ましたよ。

事情を説明すると、代理店に連絡を取ってくれた。

彼女はすごく感じがよかったが、代理店の人はめちゃくちゃ感じ悪。

責任を負いたくないからだろうか。早く電話を切りたげだ。

とにかくフライトはキャンセルとなっているけど、明日の昼にフライトがある

ということなので出直すことにした。

他の乗客がインフォメーションに詰め寄っていたので

今得た情報を提供しつつ、一乗客として私も彼らと怒りを共有する。

乗ってきた同じ運転手のシェルートに乗ってエルサレムに戻る。

次の日は土曜で朝8時にしかシェルートがないので、早すぎるけど

また同じ運転手のシェルートに乗ることになった。

つづく
by miche13 | 2006-09-25 01:57 | 学生ビザ取得の旅

学生ビザ

先月のことですが、

ヨルダンに観光ビザ更新に出かけた日本人学生2名が

1名は入国拒否

もう1名は1週間のビザしか交付されず、イスラエルからの出国を余儀なくされ

日本に帰国したそうです。

あと、ヘブライ大でなが~く研究を続け、講師でもあった韓国人が

学生ビザ発給を拒否され、韓国に帰国しました。

今年だけで韓国人3名がビザ発給を拒否または退去命令を受け、イスラエルを出国したそうです。

状況は悪くなるばかりのようです。
by miche13 | 2006-07-19 06:02 | 学生ビザ取得の旅

ビザ取得の旅

またもや恒例ビザ更新旅行の時期がやってまいりました。

今日からイスタンブールに行ってきます。

初夏のような天気のイスラエルとは違って、イスタンブールは寒そうです。

未だにどの程度の洋服をもっていけばいいのか迷ってます。

ではいってきます。
by miche13 | 2006-03-05 19:35 | 学生ビザ取得の旅

学生ビザ問題

きょう、大学に着いたら空気が白濁したところがあった。

火事なのか。でも全くの無臭だ。

フォーラムに近づくにつれて、「煙」はだんだん濃くなってくる。

これって私の目がおかしいのかも、どうしよう。とかなり心配になってきたところで

フォーラムに到着。

ブライダル・フェア開催中でした。

煙の正体はスモークでした。

大学でブライダル・フェア開催するなんてイスラエルぐらいだべ。

それともヘブライ大だけ?テルアビブ大や、ハイファ大はどうですか。

ところで、内務省ねたですが、みなさんのご想像通り返事はなし。

だが、窓口のいつもはこわ~いおねえさんが、なぜかやさしいのよ。

PCを見て、

「まだ返事が出てないのおかしいわねえ。」と言ったのですよ。

これまで3年かよって、一度も聞いたことのない言葉。

いつもはなげやりに「審査に時間がかかってんのよ。」とか「審査待ちの人がたくさんいて時間がかかるのよ。」みたいなことしか言われなかったのに。

そして彼女は私のファイルを探しに行ったのだ。

これって私が朝一番の順番だったから、まだエネルギーがあったからなのか

それとも浮気した男が妻にとてもやさしくなったりするように、やましいことがあったからなのかはわからない。

ファイルを見つけた彼女は

「あなた、要求された手紙を8月から出してないわよ。」

「8月ってどういうこと?私は8月どころか3年も前からほぼ毎月来てるのよ。手紙だって何度も同じ手紙を要求してるじゃない。前回来たときにコピーを渡したよ。」

彼女はその窓口に行って書類をかなり真剣にさがし始めた。

学生ビザ問題を知ったシャロン首相が内務省職員に一言言ったのではないかと思う。

そこであわてて保留になっている学生のファイルを探したら、8月からそのまま忘れてたのが発覚。

あ~、8月からの時間を返して欲しい。なんのために毎月返事を聞きに行ってたんだ。


今回提出を要求された手紙は、たとえ同じ内容の手紙でも8月以降の日付で出して欲しいとのこと。

~就学残存年数を記した大学からの手紙(あと何年で勉強が終わるか)

~勉強が終了したら即イスラエルから退去することを確約する手紙

~銀行の残高証明

奨学金受領証明書を持っていったが、こんなのじゃだめだそうだ。

いくら金があるのかを見たいそうです。

一億円ぐらい残高があったら滞在許可おりるかな。
by miche13 | 2006-01-26 06:12 | 学生ビザ取得の旅

visa m

picopocoponのジオログ

picopocoponさんのところからトラックバックです。

今日内務省に行き、またもやビザ問題が熱いこの時期

とてもよいタイミングで、記事を読むことができました。

在イスラエル日本大使がハイファ大で行った講演についてハアレツに掲載されているそうです。http://www.haaretz.co.il/hasite/spages/672926.html

概要はpicopocoponさんのサイトhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/picopocopon/でどうぞ。

私も自宅に戻り次第追記します。

picopocoponさんのおっしゃる通り読者のコメントがおもしろいです。
英語で買いているのコメントもありましたので是非ご覧ください。
by miche13 | 2006-01-24 03:28 | 学生ビザ取得の旅

近況

最近なぜか忙しい。

今帰ってきたばかりなのに、もう寝なきゃいけないし。

あすは内務省に行ってきます。朝早いアポなのです。

手紙3通持って来いといわれたけど、手ぶらで行きます。

すでに何度も出している手紙だし、新たに書くひまなし。

先週テルアビブに行ってきました。そのご報告は後日。

では、おやすみなさい。
by miche13 | 2006-01-23 06:11 | 学生ビザ取得の旅