エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:ねこ( 32 )

猫にエサをあげると罰金

「ゲッ、ゲッ、ゲッ、ゲッ、ゲッ、ホホケキョ」

と鳴く鳥が近くに住んでいます。だいたい日が暮れる前に活動しているようです。


リション・レツィヨン市役所は住民から苦情が殺到しているそうで、猫を殖やさないように給餌を禁止しました。

違反者には罰金16,500円が課されます。

その前に猫を捨てた人に罰金を課すべきだと思います。

食べ物をあげないという方法以外に猫を殖やさない方法ってあると思うんですけど。

人が餌をあげなくてもごみ箱の中から猫達はごはんを探して食べているし、

やっぱり、避妊でしょう。動物愛護ボランティアの人たちが野良猫にも避妊手術を受けさせているという記事を読んだことがあります。

野良猫を捕まえるのは大変だけど、確実な方法だと思う。

野良猫のメスに避妊手術をするのは大変なのでオスを去勢することになるのか。

私も不幸な猫を増やすことには反対なので猫に餌をあげるときは、考えてしまいます。

でも飢えた猫を見るのはもっとつらい。人に擦り寄って来る野良猫はおそらく飼い猫だっただろうと思うからいたたまれません。

たまにのら猫にごはんをあげています。

最近の猫スポット、シュムエル・ハ・ナギッドのチャトラにキャットフードを上げてきました。

b0012031_2346388.jpg


b0012031_23464125.jpg

すごく人に慣れていて毛もきれいでふわふわ。どこかの飼い猫だったのかもしれない。
by miche13 | 2005-11-28 01:44 | ねこ

プピ王子

王子とお留守番はもう終わり、自宅に戻ってまいりましたが

プピ王子の写真を少しずつアップしたいと思います。

寝てるところは特にかわいい。
b0012031_8201955.jpg


いい夢を見てそうです。
b0012031_8231363.jpg

by miche13 | 2005-10-30 08:24 | ねこ

きょうのプピ王子

ケーブルテレビYesのアニメチャンネルってば、ずーと日本のアニメばっかりやってるではないか。
といっても今時日本では見ることのできない年代物のアニメやってます。
新しそうなところでは、「キノの旅」
すべてヘブライ語とロシア語の字幕つき。
たまに訳が違うぞと思うけど、英語版からの翻訳みたいなのでそれが間違えてるんだろうな。


さて、本日のプピ王子は朝6:30に起床され、お食事を済まされました。

2度寝した僕がお昼すぎに起きてくると、昼食です。

僕が食事の準備をする様子を高見の見物中
b0012031_6304284.jpg


おやつにハムをあげてみました。加工食品はよくないかも。

なぜか食べるのにものすごく苦労なさっております。
b0012031_6244070.jpg


猫の食べ方を観察していると、かぶりつくのではなく、舌でそぐようにして舐めています。
その点ハムはいくら舐めても削げそうにないので難しいのかも。

お食事後はブラッシング+全身マッサージ。

その後はソファの上でたれてます。
b0012031_6203932.jpg


午後はスポーツにいそしんだせいで、王子は現在爆睡されております。
by miche13 | 2005-10-26 06:36 | ねこ

プピ王子の逆V字開脚

本日より私はプピ王子の僕としてお仕えしております。


最初はこのようにそ知らぬ顔だった王子も
b0012031_717289.jpg




そのうち私に慣れてきたようで、


思いっきりリラックス・モード




b0012031_7195612.jpg


うひょ~、逆V字開脚!


たれすぎてませんか、王子?

前から見たところ

b0012031_7204047.jpg


前から見てもたれてます。

初日にこれだけすごいものを見せてもらって、今後の王子から目が離せません。
楽しみです。
by miche13 | 2005-10-25 07:22 | ねこ

猫の冤罪晴れる

埼玉の老人ホーム、猫事件の真相

猫に右足の指を5本とも第一関節まで食いちぎられたとする事件が日本中を騒がしておりましたが、やっと真相がわかり一安心。

上記ブログ作者が埼玉県警や保健所等関係者に直接聞いてくれたようです。

猫が指を食べたと言う話はマスコミの捏造だそうで、私もかなり振り回されました。

猫の冤罪が晴れてよかった。あ、でも被害者にとっては真相の解明にはなってないのか。


イスラエルは祝日の嵐で、山の上で暮らす猫たちの食糧難の到来です。

ところが山の上の大学にも猫おばさんがいるんですねえ。

学食からもらってきたシュニッツェルとかサフランライスとかカレー色のジャガイモとかを分け与えていました。


b0012031_39712.jpg

最近仲良くしている手乗り文鳥ならぬひざ乗り猫

ものすごく人に慣れていて、甘え上手。里親を探してあげたい。
by miche13 | 2005-10-18 04:19 | ねこ
中庭で生まれた猫たちがかなり大きくなりました。

固まって爆睡中
b0012031_8323321.jpg


窓の向こうからズーム
b0012031_8333392.jpg


足音で目を覚ましてしまった
b0012031_834761.jpg

by miche13 | 2005-10-11 08:35 | ねこ

アンタリアのねこ


b0012031_219262.jpg


レストランにいるまだ遊び盛りのこどもです。
b0012031_2205051.jpg



b0012031_2265056.jpg

上の茶トラくんの弟です。

b0012031_2294464.jpg


母です。
b0012031_2305718.jpg

by miche13 | 2005-09-25 02:31 | ねこ

ガザ撤退反対派ねこ

オレンジ色が撤退反対派の象徴となってまして

オレンジ色のリボンを車になびかせていたり、バッグに巻きつけたり、腕輪をつけて反対の意思を表明しています。

賛成派はブルーのリボンなのですが、つけている人は非常に少ないです。

知り合いは車にブルーのリボンをつけいたら、コインで傷をつけられたそうです。

エルサレムでブルーをつけるのは勇気がいります。

このリボンのおかげで、オレンジ色の洋服やスカーフをつけられなくなったじゃないか。

先日、正統派ユダヤ教徒居住区、メアシェアリームを歩いていると

反対派のねこに出会いました。

こいつです。


b0012031_3251691.jpg


b0012031_3281996.jpg

これが反対派が手首につけている腕輪です。
by miche13 | 2005-08-07 03:28 | ねこ

ねこホテル

きょうもアパートを見に行ってきました。

大統領官邸のある大統領通り1番にあるアパートです。

この1番というのがなかなか見当たらず、官邸の隣のアパートは5番、その隣は7番

ということは、官邸は3番。1番は官邸の向こうどなり。となりっつっても何百メートルも歩くわけですよ。やっと、官邸の最後にたどり着いたと思ったら、そこはジャボティンスキー通りに早変わり。
一番はどこじゃ。

と、思って住人に電話したら

「今すぐそこに行くから。」

「えっ。」と、言った時にはもう切れていた。

私がどこにいるのかわかるのか。しかも私の顔知らないのに。

まもなく前方からバイクが歩道を走ってくる。

そいつは私の前でヘルメットをはずしかけながら

「名前なに?」
って、おめーが先に名乗れよ。つか、もっと別の聞き方があるだろ。

知らない人に自分の名前なんか教えたくないから私のほうから聞いてやったよ。

たどり着けなかったのは私が番地間違えてたせいだった。へへ。

部屋自体は道路に面してるからちょっとうるさいし、大統領が出勤するときにパトカー数台引き連れて出かけるから、きっとそれがうるさいだろうと思う。

家にいた猫には惹かれたけど。

今、私の知り合いが家の改修工事をしているので、妻、息子共々彼のお母さんの家に滞在中。

「猫はどうしてるの?」と、質問すると

「猫ホテルにいるよ。一泊70シェケルもするんだよ。それで1ヶ月もいるから猫の宿代で2100シェケル!」

彼のおくさんは無類の猫好き。

しかもただ単に猫かわいがりしてるだけじゃない。

外猫たちに食事をあげてるのは当然のことで、避妊手術も施している。

だから
「猫ホテルも35シェケルのところがあるんだけど、そこは高さ1mぐらいのケージに入れられててかわいそうだから、70シェケルの広々とした個室があるホテルに入れてる。」そうだ。

ネタンヤにあるらしく倉庫だったところを改装して、猫ホテルにしているそう。そこは猫専用で犬用はなし。
なんでも犬が吼えたりすると猫がトラウマになるらしいので、猫限定ホテルなんだそう。

確か私が旧市街で泊まってたユースは20シェケル。個室でも60シェケルだった。

猫ホテルに泊まってみたい。
by miche13 | 2005-07-20 04:33 | ねこ

ねこと美少年

大学の中庭で、ねこと美少年鑑賞というイスラエルでは100年に一度起こるか起こらないかの甘美な世界を堪能していました。

ところがそこに学友が乱入し

「いつ修士終わるの?」ととぼけたことを聞くので
「は?」と、聞き返すと英語で質問し始めた。
「いや、言葉の問題じゃなくて、君の質問の意味がわからんのだよ。もう修士は終わったよ。」
「え、いつ?」
「ずいぶん前。」
「じゃあ、きみはここで何してんの?」

だいたい人にプライベートなこととか質問ぜめにするくせにすぐ忘れる。というか人の話を聞いてない。私は何度上記のような会話をイスラエル人と繰り返してきたことか。

ねこと美少年に戻ろう。
イスラエル人は猫がいても干渉しないかわりに猫かわいがりもしない。

中庭にいても自分が食べているものを分けてあげる人を見たのは今日が初めてだ。キャットフードや水をあげて猫の世話をしている人は数人いるけど。

たしかに一匹にあげれば大学中の猫が集まってくるのだから、よっぽどの覚悟が必要だ。
この美少年も10匹のねこに取り囲まれていた。うらやましい。私のところにはかろうじて1匹のねこが残り私のチーズを分かち合った。

今日半年振りにイスラエルに戻ってきたイスラエル人と大学でお茶をしていると

「すごい変な人がいる、ほら。」っていう方向を見たら麻原しょうこう見たいな人がいた。

「あそこにも変な人がいる。」

「いや、私にとっては普通だけど。」

「え、そう?久しぶりにイスラエルに戻ってきたら変な人ばっかり目に付くんだけど。」

変な人が増えたのではなく、彼はイスラエルを長く離れていたのでどっぷりイスラエルに浸かっている人には見えないものが見えるのだろう。
by miche13 | 2005-06-30 07:11 | ねこ