エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:国内観光( 5 )

ヘルモン山

大変ご無沙汰しております。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

PCがただの鉄の箱と化してからずいぶんと時間が経過いたしましたが、

現時点ではとても親切なイスラエル人がPCを貸してくれたおかげでペットロスならぬPCロスには陥らずにすみました。

ただ、日本語入力がブラウザー上でできないのです。

日本語版Ms-Wordをインストールしたので、そこからコピーペーストしてブログを書いています。

つきましては、変換が非常に困難なハンドルネームの方、約一名(爆)この機会にぜひとも改名をお願いいたします。


先週、他人に対する思慮があり、静かで、大声で話さず、インテリなイスラエル人が妻、小学生の息子とその友達を連れてヘルモン山にスキーに行きました。
週末は込むので、休暇を取って平日に出かけたのでした。

「スキーはどうだった?」

「スキーしないで帰った。」

「えっ、なぜ?」

「めちゃくちゃ込んでて、スキーの板を借りるのに100人ぐらい並んでて、リフトの列は200人。」

「平日なのにそんなに混んでるんだ。」

「ダティとかアラブ人がバスで続々とやってくるんだよ。」

「へえ、彼らはスキーできるんだ。」

「お互いに雪合戦してたよ。」
ダティとアラブ人が雪を投げ合っている光景ってすごいな。つうか、スキー場で雪合戦する人たちって普通いるのか?

「じゃあ、せめて雪景色だけは楽しめたんだね。」

「とんでもない。一面人込みで真っ黒だよ。」

子供たちは雪だるまを作って楽しんだそうだが、彼らにお願いされて2時間でスキー場を去ったそう。

その後、バードウォッチングができる場所に移動して、アオサギとかを見て、静かな休暇を満喫したらしい。

ヘルモン山でのスキーが庶民には手が届かないレジャーだったのは、もうずいぶん過去のことのようです。

気づいたら明日から新学期のようなのですが、生徒のストが決行されるので初日から休み。

なんでも授業料を3万シェケルに値上げするという案が出ているのだ。

今まで1万2千シェケル(1万かも)だったのをいきなり3倍にするか。

しかも3万シェケルというと25円で計算しても75万円、30円だったら90万円だぞ。
日本よりも高いよ。だれがこんな学費を払えるというのだ。

狂ってます。

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます。
by miche13 | 2007-02-25 04:50 | 国内観光

エンゲディ国立公園

新学期が始まりましたが、みなさまはいかがお過ごしでしょうか。

授業中ぼ~っとしていたら、教授に話しかけられあせりました。

絶対にわざとやっているに違いありません。その後、気合を入れて聞いていたにも関わらず、

またもや瞑想状態に入った私に声をかける教授。ぐ~。

ということで、終わってしまった夏休みの出来事を回想したいと思います。

夏に入ってすぐ、エンゲディ国立公園に行きました。

山歩きは好きですが、常にエネルギー補給をしないとばててしまう身。食べ物の持ち込み禁止はつらい。

b0012031_2524412.jpg

太古の昔ここは海だった様子が地層に現れています。

って、写真には写ってませんが。

b0012031_2535265.jpg



b0012031_831685.jpg

本人の許可を取って載せました。

この滝が小ぶりな割には強力で、下に立っているのがやっとです。

すごくマッサージ効果がありました。
by miche13 | 2006-10-30 07:16 | 国内観光

スコット

9月と10月は祝日の嵐で落ち着きません。

明日から始まるスコット(仮庵祭)の準備で、町の中のいたるところに仮庵が出没しています。

b0012031_23173748.jpg


スバローの客はこの中でピザを食べるのだな。

b0012031_2319339.jpg

シオン広場に設置されたスカー。誰も入ってません。

b0012031_23205951.jpg

ベン・イェフダ通りはこんな感じで、わりとにぎやかです。
アメリカ系ユダヤ人人口が増加しています。



ついでにこんな人の撮影にも成功しました。
b0012031_23285079.jpg


なんで裸なんだよ?しかも裸足。

では、みなさまよい仮庵祭をお過ごしください。
b0012031_692629.jpg

by miche13 | 2006-10-06 23:31 | 国内観光

ヨム・キプール

昨日、10月2日はヨム・キプール(贖罪日)でした。年に一度だけ謝っておけば赦されるのですよ。便利ですねえ。まあ、神は赦してくれるかもしれませんが、彼や彼女にした悪事は本人に許しを請うてください。

バイトの日だったので、出かけました。しかも冬時間に切り替わっていることに気づかず一時間も早く到着。
ビルの入り口には鍵がかかっていて入れない。今日は来るべき日ではなかったのかと後悔しつつ中を覗くと、いましたよ。警備員。一応働いている人もいるんですね。

バイトに行く途中もわりと人通りがあったので、そんなに早い時間だとは思ってなかったのです。ほとんどが嘆きの壁から戻ってきたダティや、グレート・シナゴーグに行く途中のダティばかりでしたが。

ヨム・キプールには車も全然走っていなくて、とても静かです。普段は渋滞のキング・ジョージ通りもこんな感じで静まり返っています。

b0012031_836342.jpg


信号も点いていませんでした。走っているのは、軍警察や救急車+↓のみでした。
b0012031_83841100.jpg


車が全然走らない日というのがあってもいいですね。
それに普段は音楽を大音量でかけてうるさい隣人もこの日ばかりは静かでした。

安息日にも堂々と開店していたため、周りを超正統派ユダヤ教徒に囲まれたスーパーも、この日だけは閉店します。
でも、営業しているバーもあるらしいです。そこはドアを閉じているので、知る人ぞ知る場所なのでしょう。

町を探索しながら帰っていると、缶詰のいわしのように整列した物体が道路の反対側に・・・

b0012031_8485424.jpg

近寄ってみると
b0012031_8493240.jpg


この日は彼らにとってもリラックスできる日だったようで、このような光景が各所で見られました。
b0012031_8502052.jpg


週一ぐらいでヨム・キプールやってほしいと強く願っています。
by miche13 | 2006-10-04 08:57 | 国内観光
イスラエルの北部ナザレに行ってきました。(標高350m)。
今とっているクラスの授業の一環です。
「ユダヤ教・キリスト教・イスラム教における聖者の力」という授業がそれぞれの宗教の専門の先生3人による豪華な授業。

ナザレはキリストの両親、ヨセフとマリアの故郷でもあり、キリストが育った町です。

知らなかったがポルトガルにもナザレという町があるのだな。
今、ネットで検索してわかった。ナザレうどんも発見したのだが、どちらの国のナザレに由来したものなのだろうか。クリスチャンがやってるうどんやだと私は理解したのだが、ポルトガルの砂浜をイメージしたうどんやなのかもしれない。

ヘブライ語ではナザレはナツェレット 英語表記にするとNazeret 
だからナザレと呼ばれるのだろう。アラビア語ではなんと呼んでいるのか知らない。

まず最初にスンニ派のスーフィのトップのお話を聞いてきた。

彼は私たちのバスがつくのを待っていてくれ、降りてくる私たち一人一人に握手をして「シャローム」とヘブライ語で言って迎えてくれた。

今日は早起きしたので4時間しか寝ていないのでもう体に限界がきた。つづきはあす書きます。今日も5時間ぐらいしか睡眠をとれなさそう。。。
ではおやすみなさい。
by miche13 | 2004-12-13 08:09 | 国内観光