エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:生活( 47 )

b0012031_23402996.jpg

プレイステーション3がイスラエルでも発売されるようですが、

他国のように並んでまで購入する人はいないだろうと思われます。

記事にはいかに高額かということを綴ってますから。

先日、スキャナーを買おうと思い立ちショップに行くと
Canonのスキャナーが412シェケル

知り合いに相談すると、HPよりはCanonのほうがお勧めらしい。

すぐさま買いに走ろうとすると、制止された。

「あの店は高いから。」

大学のショップでは、コピー・スキャナー・プリンター一体型でどでかい。

トワイライトゾーンとめでたく認定されたクラルビル内のパソコン屋をまわる。

一軒目「置いてない。」

二軒目「置いてない。」

三軒目「取り寄せになります。」

四軒目「取り寄せ。」

ヒレル通りのチェーン店に行くと

「プリンターと一体型ならあるよ。」HP製で570シェケルだった。

私はシンプルなスキャナーが欲しいのに。

欲しいと思ったときに手に入らないのが、イスラエルでは日常茶飯事。

醤油なんて切らして3週間ぐらい経ってます。

まあ、どこでも買えるんですけど、いつもの店で買いたいわけですよ。

他の店はべらぼうに高いですから。

ところが今まで4回も行ったのにいつも閉まってたんです。

だからナンプラーを代用してるんです。

この際、どのくらいの期間だったら醤油がなくても生きていけるか実験してみます。

で、スキャナーなんですが、結局オンラインショップで購入しました。

一番安くて、購入者の評価も高いMisradiaという店で買いました。

一番最初に見たCanonの製品が312シェケルと100シェケル違い。

注文から2日後に自宅まで速達郵便で届けてくれました。

オンラインショップは便利でいいけど

やっぱり8階建てのディスカウントショップの店頭で商品を見てまわる楽しみも捨てがたい。

イスラエルにはそんな規模の店はありませんけどね。

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます。
by miche13 | 2007-04-08 07:25 | 生活
久しぶりに夜にジムに行きました。

朝とは違ってイケメントレーナーを配置。これからは夜に行こうと決めました。

朝よりは混んでいるけど、ランニング・マシーンを使っている人がほとんどだったので、他のマシーンの待ち時間もほとんどなく快適そうです。

マシーンに座ると、すぐにだれかが来て

「あと何回?」

「今始めたばかりだから、たくさん。」

と、言いはなったが、待つ様子。他のマシーンは空いているのだから、そっちに行ってほしい。

待たれるのがなぜいやかというと、ずっと見てるんです。

プレッシャーをかけるように、一挙一動、筋肉繊維の動きまで見ているんです。

もう完敗です。

あまりの気持ち悪さに耐え切れなくなり、その場を去りました。

次のマシーンにいくと、またもや

「交代でやらない?」

それって私にどけということですか。

割り込みさせろということですか。

いやです。男と交代で同じマシーンを使うなんて。

人のペースに合わせたくもないです。

「あ、私、休憩入れないから。」

思いっきりいやそうな顔をしてました。

待っている間に体が冷えますから、私はずっと動いていたいのです。

イスラエルではこの「交代制」が受け入れられているようですが、他国でもやっているのでしょうか。

運動によっては、交代でやるものもあるだろうけど

私に言ってくるのはどう見ても

待つのがいやだ。
今すぐ使いたい。

という5歳児レベル
あ、5歳児はすでにこのくらいの分別はついているか。

乳児レベルの思考です。

イスラエルのジムは,ストレス解消どころか逆にストレスが倍増する場所です。

やっぱりジムには人が少ない朝に行こうと思います。
b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-12 06:54 | 生活
「このまえ教えてもらった番号に電話したら、異議申し立て用紙に書いて送ってくれって言われたんだけど、本当にそういう用紙ってあるの。」

「あるわよ。どこだっけ。えーっと。」

そこらじゅうを探し始めました。

「異議申し立てする価値あると思う?」

「やってみたら。」

これに対して郵便局長が

「小包も一緒に送り返さなきゃならないのよ。

返事が出るまで1週間ぐらいかかるでしょ。

それから送り返すから、すごく時間がかかるよ。

それにそんなに何度も送ってるうちに壊れちゃうよ。」

なんですと。

壊れると言いましたね。

郵送中に中身が壊れてしまうんですよ。

局長自ら郵便物の取り扱いのひどさを示唆する発言

イスラエルでは取り扱い注意と書いた荷物も投げてます。

あと踏みつけてます。

そういう現場を何度も見ました。

ああ、すごく心配になってきたよ。中身は無事か。

今回はそんなに時間をかけて異議申し立てする価値はないと思い、小包を引き取ってきたのですが

今さら遅いけどすごく大切に扱いました。

それなのに、帰りのバスの中で隣に座っている男がいきなり立ち上がり私をおしのけ降りようとし始めました。

足元に小包をおいていたので、それを蹴られるわけにはいかない。

わたくしとあろうものが、いきなり切れまして気づいたら怒鳴ってました。大和撫子らしからぬ行為。

その後はひざの上に抱きかかえ大切に持ち帰りました。

中身が無事であることを祈るばかりです。それでは今から天使さま宅にお届けに行ってきます。

b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-03 01:42 | 生活
夕方6時になって初めて鏡を見たら

狼少女みたいになっていた。

少女と呼ぶのはずうずうしいにも程があるので

狼ばばあか。

雨の日は妖怪に変身するMiche13ですが、プリムも近いことですし、仮装の一種だと皆さん思ってくれたことでしょう。

さて、私のPCに再インストールが必要となったときに
快く外付けCD-ROM(正確にはDVD-RAM)を貸してくれた友達がいます。

天使ですね。

一生ついて行こうと心に決めた瞬間、

ボムッと爆発音。

え、え、ええええええええっ

DVD-RAMからですね、煙が上がってるんですよ。

一瞬何が起こったのかわかりませんでしたよ。

で、一瞬の間に思考をめぐらせて見たら、

電圧100Vの日本製品を

イスラエルの電源220Vにそのままつきさしてました。orz

まぬけですねえ。考えられないミスですよ。でもちょっと言い訳をするとね、その日はジムに行ったんですよ。その上、すごく寒くて体力をかなり消耗したんです。溶けそうなくらいに疲れきっていたんです。だから頭が全然回ってなかったんですね。あ、まぬけってことか。

何がすばらしいかと言うと、この悲惨な事実を聞かされた天使さんの対応ですよ。驚きもせず、まったく落ち着いた態度で、逆に慰められました。

倍以上の電圧に繋げてしまったけど、半壊だったのです。再生部分は生きてました。日本製品ってすごいな。

それで日本から送ってもらった新製品が届いたというお知らせが来ました。
電話をすると
「関税がかかるから、もし同意できなかったら連絡してね。」

最初から議論の余地があることを匂わすお言葉。

関税と言っても今は消費税だけだって聞いてたから、ふっかけるにしても100シェケルぐらいだろうと予想していた。

ところが、届いた関税額は15.5%どころか40%ぐらい。これは納得がいかない。

「なぜこういう関税額になるんですか。消費税だけなんじゃないの?」

郵便局関税係 「知らないよ。関税で決めてるんだから。」

だからその関税がいくらか聞いてんだよ。

「異議申し立て用紙が郵便局に備えてあるので、記入して送ってくれ。」
ということだったので、本当にそのような用紙があるのか確かめる意味もあって郵便局に行ってみた。

ご飯食べるので続きはまた明日。
b0012031_5242533.gifクリックありがとうございます
by miche13 | 2007-03-02 05:17 | 生活
髪を切った。


イスラエルで満足のいくカットをしてもらったことがないので、

これまでは日本に帰国したときに、1年間持つカットをしてもらっていたのですが

帰国予定が今のところないし、日焼けで髪も痛んでしまったので、思い切って短く切ることに。


美容師は一応、私の知り合い。

彼女のところに行く前に、その人から切ってもらった人の髪型も事前調査。
みたら悪くなかったので行くようになったのです。

一回目にやってもらったときは、すごく気に入った。でも今考えたら、日本で切った髪をほんのちょっと切りそろえてもらっただけ。


終わってからふと顔を上げて鏡を見ると

頭がマッシュルームになってるやんけ~。

乾いたときの髪の状態を全く計算に入れていないカット。

前髪がこんなに短くなっているし、


傷んだ部分だけ切ってくれと頼んだのに・・・


めちゃくちゃ気に入らねー。

今はもう鏡を見るたびにむかつくので、見ないようにしています。

美容師は2ヶ月前に腱鞘炎の手術をして、まだ包帯が取れない状態。

だからなおさらカットが鈍っているのだと思う。

もう行かねー。


b0012031_2194059.jpg


b0012031_5242533.gifいつもクリックありがとうございます!
by miche13 | 2006-11-19 02:34 | 生活

室伏

今日、ジムに行ったら、室伏選手にそっくりなハーフマッチョくんがおりまして

そいつが私のほうを見るわけです。

きっと私にライバル意識を持ったのか、それとも女子にボディビルを開放する前のボディビルダーのように、「女がこんなところに来るんじゃねーよ。けっ。」という類か、
それともアジア人が珍しい新入生か。

私も今日のライバルは「室伏」にターゲットを絞り、闘魂を燃やしてきました。

そのおかげで授業に遅刻。

授業に出ると、またもや私が一瞬ぼ~っとした隙を狙って質問する教授。

「ぼくちょっと忘れちゃったんで、この書物の名前なんでしったけね。」

脅威の記憶力の持ち主であるこの教授がこんな有名な書物の名を忘れるわけねーだろ。

と、今度機会があったら突っ込んでみようと思います。

最近、ふわふわした甘いお菓子を食べたい病にかかっています。

ふわふわの蒸しパンとか、バウムクーヘンとか。

なんでこの国にはないのだ。バウムクーヘンって本当にドイツに行ったらあるのか。

だとしたらイスラエルにあってもよさそうなのに。

今日の帰りはメア・シェアリームの道路が封鎖されてました。

すごい数の警察官、兵士、機動隊少々が出動してましたが

みんなそれぞれだらだらとして緊張感が全く見られませんでしたので、事件性のある出来事ではなかったのでしょうね。


と、こんな日常を過ごしています。

今日は何のオチもなくすみません。あ、いつもですけど。
by miche13 | 2006-11-07 06:07 | 生活

インド料理屋

久しぶりにクラウン・プラザホテル内にあるインドレストランに行ってきました。

シェフが変わってから味が急に落ちたので行かなくなったのですが

インド料理は好きなので行ってきました。

インド系のウェイターが呼べばすぐに来てくれて応対もきちんとしています。

服装も汚いジーンズとTシャツではなく、白いシャツに黒いズボンというウェイター服に身を包んでいて、決して人に不快感を与えません。

サービス精神のない国にいると、普通のウェイターを見ただけで感動してしまいます。

ビールも適度な温度に冷えていておいしかった。

メニューには載ってないけど、辛口野菜カレーを作ってくれるというのでそれにしました。

ところがですよ、出てきたカレーは、どうみても

冷凍ミックスベジタブル(涙)

しかも私が家でよく使っていたものと同じ。

すっげーショック。

ウェイターの応対のよさに気をよくして、おまかせしてしまったのがいけなかったのか。

でも店側も腕の見せ所だろう。冷凍野菜を使うなんて、シェフの沽券にもかかわるのではないか。

カレーソースも辛いだけで奥の深い味がなかった。

チキンカレーはおいしかったそうなので、行かれる方は、肉系カレーにしたほうが無難です。
by miche13 | 2006-10-18 01:35 | 生活

復活

みなさまお久しぶりです。

せっかく毎日更新しようと思っていたのに、PCがぶっ壊れました。

復旧作業に案外時間がかかり、今日やっとネットにアクセスできるようになりました。

おかげで寝不足で今日はバスに乗ってて寝過ごしました。

アドレスブックが復旧できなくてすごくショックを受けています。バックアップ取っていなかったから。
RSSリーダーもなぜか消えてしまいました。お気に入りのブログ訪問にかなり支障をきたします。

しかし失って初めて自分がいかにPCに依存していたかを知りました。

ほんと、PCなしではもう生活できませんね。

みなさまもバックアップはお忘れなく。それでは、今日はもう寝ます。おやすみなさい。
by miche13 | 2006-10-13 06:58 | 生活

ホロコースト記念館

ホロコースト記念館(ヤドバシェム)に行ってきました。

建物自体は自然光を取り入れた明るい雰囲気なのだが

予想通りに重圧感漂う重々しい雰囲気。

最後の方に位置する「名前のホール」には最初は足がすくみ入ることができませんでした。

納骨堂を思い出させるのです。

あとで意を決して入りましたが。

「子供の記念館」も手すりを伝わらないと歩けないくらい真っ暗で

犠牲になった子供たちの名前を読み上げているのです。

涙なしには通過することのできない場所です。

やはり人間は戦争や殺し合いをやめるべきだと痛切に感じました。
by miche13 | 2006-07-11 05:13 | 生活

死海

いやあ、エレズが閉鎖されていて、ガザ入りしているジャーナリストたちは出るに出れない状況らしいですね。

逆に入りたい人も入れなくて大変そうですけど。

ところで、先日ふと思い立って夜中に死海遊泳をしに死海に向かいました。

エルサレムからだと近いですからね。

途中からは街灯も全くなく真っ暗。

対向車はハイビームのまま。

どこが海だか泥なのか全くわからない状態。

ずいぶんと走ると赤い標識がでている海岸があったので、照らしてみると

「セキュリティ上、日没後の遊泳禁止」

と書いてありました。

英語ではセキュリティという言葉はなかったのだが

ここはヨルダンから泳いで来れるほどの距離。

もしこの標識を無視して泳いだりしたら、不審者として撃たれるかもしれない。

ちょっと気軽に泳ごうなんて発想はここでは通用しませんでした。

地中海のほうだったらよかったのだろうけど。
by miche13 | 2006-07-06 08:13 | 生活