エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:イスラエル人とは( 140 )

ルームメイト

今、ルームメイトを探しているところなのですが、

もう疲れてきました。

先日アパートを見に来たやつは、

「ぼくは今のルームメイトとはドアをバンと開けて、あ、あとでちゃんとノックするけど、部屋を行き来してよく話をしているので、これからもそうしたい。」

「私は一応先にノックして開けて欲しい。ちゃんと服を着てないかもしれないし。それに話する時間ないと思う。」

と、答えたが、本当にそうだよ。おまえの話聞く時間ないよ。っつう感じです。

で、今日電話がかかってきて、

「ぼくはまだアパート探しを続けなければならないのか、それとももうやめていいのか知りたい。」

と、いうので

「私たちはルームメイトとしては合わないと思う。」と、ストレートに言ってしまった。

もっと別の言い方もできたのにな。
by miche13 | 2006-09-11 05:01 | イスラエル人とは

アボカド

急遽、友人宅で夕食をとることになり、一緒に市場に行った。

友人が魚を注文している間に、2軒先の店にアボカドを買いに行った。

魚屋に戻り、談笑していると突然

「ねえ、アボカドいくつ買ったの?ずいぶん袋が重そうだけど。」

「え、3つしか買ってないよ。」

袋を開けてみると

中にはどっさりアボカドが入ってました。

は?手品ですか、これは。

たしかに私は3つ選んで、店の人に手渡した。

あの野郎、人が見ていないすきに余計に袋にいれやがったな。

魚屋のおっちゃんが、アボカド売った店の人に「なんとかしてやれよ。」と一言言ってくれた。

ところが、こいつは認めない。

「レジはもう閉めたので金は返せない。」

2シェケルのところを、4シェケル分買わされたわけです。

金額的にはたいしたことはないのですが、友人も私も食べ物を粗末にするのが嫌い。

今日中に食べないとやばい状態のアボカドばかり入ってた。

たとえ2シェケルでも、知らないうちに押し売りされるのは非常に不快です。

話していても埒が明かないので、

「2シェケルぐらいくれてやる。アボカドも自分が選んだもの以外はいらん。」と言ってアボカドは返した。

正義感の強い友人は、どうしても許せないらしくまだ戦っていた。

私がいなくなると、アボカド屋は

「おまえの友達は男のことを考えてて、ぼーっとしてたくさん入れたんだよ。」

と私のせいにしていたらしい。

あくまでも自分の非は認めないようだ。

魚屋のおっちゃんが、そんな私たちを不憫に思い3シェケル安くしてくれた。

アボカドは、結局全部若すぎて食べられなかった。

今日食べられると確認して買ったのに。

みなさん、うそつきアボカド屋には気をつけましょう。
by miche13 | 2006-09-07 04:01 | イスラエル人とは

変人

友人アビにつきまとう変な女Aは、好きな人がいるらしくアビによく恋愛相談の電話をしてくる。

Aの話によれば、相手の男もAのことが好きらしい。

そこで、彼女は本人に告白した。

ところが、男のほうはAには興味はないとつきあいを断ったのだ。

そこでAが落ち込み錯乱したかと言うとそうではなく、

「彼は私のこと好きなのよ。」と、

本人が興味がないと言った言葉を信じていない。

ある日、Aの部屋の前の庭に人影が見えた。それが立ち止まり窓のほうを見上げた。

Aはそれを「彼よ。彼よ。彼が私のこと気になって見に来たのよ。」

と信じて疑わない。

アビはあまりにもAが逸脱しているので

「現実と幻想の区別をつけたほうがいいよ。」

と言うと

「あなた、彼にやきもちやいてるの。」

今度は、アビまでも自分に興味があると思い込んでしまった様子。

それ以来、2ヶ月ほどアビは彼女の電話に出るのをやめた。

先日久しぶりに出ると、突然彼女が

「そこにいるの。うちの前にいるんでしょ。警察を呼ぶわよ。」

と、大騒ぎを始めた。当然、アビは数10キロ離れた自宅におり、全くの彼女の妄想。

でも、それで警察にストーカー行為として報告されでもしたら、すごく面倒なので

彼女との連絡は一切絶つことにしたそうです。

こわいな、被害妄想の女。
by miche13 | 2006-09-02 19:28 | イスラエル人とは

プライバシー

最近、なぜか花火が打ち上げられています。

何かめでたいことでもあったのだろうか。結婚式だったのかも。

次の花火との余韻を楽しむ間もなく次々と打ち上げられる単調な花火でした。

ところで、イスラエル人のプライバシー侵害行為には、常日頃悩まされていますが

人のプライバシーには触れないという距離感どころか、プライバシーとは何かもきっと知らない人が多い。

先日、大学のコンピューターを使って勉強していたら

隣に座っている男が

「もし差し支えなかったら教えて欲しいんだけど、何読んでるの。」



十分差し支えありますが、こういう風に言われると答えざるをえない。

答えると、今度は

「何について書いてるの。」

なぜ見ず知らずのやつに自分がやっていることを教えなきゃならないのだ。

これに答えるとさらなる質問が私を襲うのだ。

それを阻止するべく私は答えず、少し時間をおいて席を立った。

すごく失礼なことをしたはずなのに、全くやつには通じてなく、席を立つ前にまた同じ質問をされた。

こういうときどう対処したらいいのだろうと思い、イスラエル人に相談すると

「ぼくだったら、聞かれたことに対して全部答えるね。でも、すっごい早口で。

ぼくには隠す物は何もないし、でも君の場合は女だから答えなくてよかったと思うよ。

でも相手のプライドを傷つけないようにしないとね。」

自分がいやな思いをせずに、なおかつ相手のプライドを傷つけないようにする

って、すごく難しいよ。

「でも、変にやさしくするよりは、冷たくして嫌われたほうがいいかも。

じゃないと、変人につきまとわれることになるから。」

彼に付きまとう変人については後日。
by miche13 | 2006-09-01 03:38 | イスラエル人とは

警察官

一週間ほど前、ダマスカス門からヤッフォ門に向かって歩いていると

警察官がたくさんいた。

大規模な警備を行うのだろうか。

と、思いきや、旧市街外壁の前で、記念撮影中の警官。

そこを通りかかる私たちに一緒に写真に納まれとしつこく頼まれる。

警察に顔を知られたくない身なので、丁重にお断りをした。

北部で兵士が戦っている間に、あんたたちはのんきに観光ですか。

制服を着ている間ぐらいは警官らしく振舞って欲しいものです。
by miche13 | 2006-08-17 01:48 | イスラエル人とは

勤務態度

クリエ配達員の勤務態度について怒り爆発。

定期刊行物が届かないので、配達を請け負っている会社のマネージャーに問い合わせの電話をした。

「飛行機が飛ばなかったから、まだこっちに届いていない。」

という返答だった。なんだよ、その言い訳。


さらに、あるときから「Extremely Urgent」と書いた封筒などが

オフィスのドアの前に置かれているようになった。

これに対しても勤務態度改善を申し入れたが、全く変わらない。

あるとき私がオフィスにいるときに、どさっと音がしたのでドアに行ってみると

封筒があった。追いかけたが間に合わず。

再度マネージャーに電話をすると、その場で配達員に電話を入れた。

「ドアのベルも鳴らさないし、ドアの前に封筒を投げ捨ててるって言ってるけど。」と伝えるマネージャーに対して、なんとこいつは

「鳴らしたけどいなかった。」とぬかしやがった。

なんて大嘘つきなんだ。しかもマネージャーも全然注意しないし。

その後、オフィスの外でタバコを吸っていた人が、偶然現場を目撃。

どさっと音がしたかと思うと

す~っと向こうからカーリングのように封筒が滑ってきた。

配達員は封筒を投げ捨て、かなり離れたところから、ドアに向かって足で蹴っているのだ。

客の郵便物を何という扱いをするのだ。許せん。

配達員との戦いはまだまだ続く。

ある日、私はこいつと対面することに成功した。

追いかけていくと、すでにヘルメット、サングラスをかけていたので、素顔が全くわからないのだが。

「なんでドアの前に投げ捨ててるの。」と聞くと

「ちょっと待って、まず最初に言っとくけど、怒鳴らないでくれる。」

自分が苦情を言われているのに、優位に立とうとする、この人を諭すような横柄な態度に全身の血液が沸点に到達。

だが、ここはぐっと怒りをこぶしの中に握り締めつつ

「なんでベルを鳴らさないの。」

「たった二回だけだろ。」

「ちゃんとオフィスに人がいるんだから、ドアの外に捨てないでよ。届かなかったこともあるんだから。」

「No Problem.」

「それになんで足で蹴るの。ボールじゃないんだよ。」

「No Problem.」

当然のことながら、最後まで反省の色は見られませんでした。

オフィスに戻って、絶対にこいつはクビにしたいと上司に伝えたが

賛同が得られず、泣き寝入りしてます。
by miche13 | 2006-08-13 02:09 | イスラエル人とは

店員その2-内務省

店員と呼ぶには無理がありますが、内務省の職員の応対について一言。

先月委員会に提出する書類を内務省に持っていきました。

返事には1ヶ月半ほどかかるからと言われていたけど、

ちょっと早めに行ってみた。

いつも機嫌の悪い女の人が座っている窓口だったので恐怖だったが

名前を呼ばれて行ってみると

むこうからにっこり微笑んで、

「こんにちは」

とあいさつしてきたのだ。どうしたのだろう。ここで完全に動揺。

PCを見ながら

「おかしいわねえ。書類を委員会にまわしたって記述が載ってないわ。」

そして奥の部屋にファイルを探しに彼女は行った。

通常なら、ファイル探しになんか行かないか、ぶつぶつ文句をいいながら行くのに

今日はとてもフットワークが軽い。

戻ってくると

「誰に提出したの?」

「4番に座っている人で今日はいないよ。」

「どんな感じの人?」

「ボブみたいな髪型で、ブロンドっぽくて」

「で、太ってる人?」

はっきりいいにくかったのですが、向こうから聞いてくれたので

「そうです。」と答えると

「ああ、エティね。」とすぐにわかった様子だった。

「エティがファイルを委員会に回していないか、PC上に記載していないかのどちらかだと思うけど。」

となりの席の人にエティの電話番号を聞いている。

自宅まで電話して追及するつもりなのか。いやに仕事熱心になっていて驚愕。

となりの人からは電話番号を得られなかったようで

「XXさんのところに行って、エティの電話番号を聞いてかけて聞いてみなさいよ。」

え、聞くのは私ですか?

やっぱり責任感とプロ意識のなさというイスラエル人気質は保たれてました。
by miche13 | 2006-08-05 05:53 | イスラエル人とは
イスラエルってシャンプーの種類が少ないんですよね。

日本から持ってきたシャンプーが切れたので、仕方なく現地の使っているけど

本当に選択肢がない。

ドラッグストアに行ったらこんな会話が聞こえてきました。

客 「染髪した髪用シャンプーを探しているんだけどあるかしら。」

店員 「それならこれがいいですよ。ぼくも使ってますから。」

ぼくって、おまえ男じゃないか。

あんたが使っているシャンプーをお勧めされてもあまり購買意欲がわきません。

よく考えたらイスラエルには男性用シャンプーなんてない。

日本にはありますよね。


客すかさず 「でもあなたの髪って染めてないじゃない。」

店員 「染めてないですよ。それに今後も染めるつもりはありません。」

何を開き直ってるんだ。おまえ、客の話ちゃんと聞いてるのか?

店員 「ぼくは美容師でもあるから、これは店でも使っているお勧め商品です。」

美容室で使ってるわけねーだろ。
と、横やりを入れたくなりましたが、じっと我慢しました。

この客がお勧めのシャンプーを買ったのかどうか

最後まで見届けませんでした。すみません。

あすから店員シリーズ行きたいと思います。
by miche13 | 2006-07-20 20:34 | イスラエル人とは

タクシー

先日タクシーに乗ったら、

運転手が口説いてきてうるさい。

これだからタクシーに乗るのはいやなんだ。

適当に返事をしながら早く目的地に着くことを祈った。

ところがこういうときに限って渋滞だったりするのだ。深夜なのになぜだ?

タクシーを降りるときに、運転手が電話番号をくれた。

とりあえず受け取ったが、これが不幸中の幸いだった。

タクシーの中に財布を落としたようなのだ。

たいしてお金ははいっていないので、あきらめてもいいのだが、家の鍵が入っているのだ。

これまた幸いなことに業務用携帯電話を持っていたので、そちらから電話。

無事財布はみつかり家に入れました。

タクシーの運転手は、人のプライバシーに踏み込んだ質問をしたり、誘ってきたりするやつが多くて本当に乗るのがいやです。

これからは徒歩にしようと思います。
by miche13 | 2006-07-09 05:00 | イスラエル人とは

郵便配達

今日、ひさしぶりに固定電話から電話をかけたら

止められていた。

請求書届いてないじゃん。

郵便配達員はちゃんと仕事しろよ。

そのせいで電話は止められ、それに伴い利子も発生し

むかつきますね。

今日は酔っ払いなのでコメントは明日返しま~す。スマソ。
by miche13 | 2006-06-29 07:15 | イスラエル人とは