エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:イスラエル人とは( 140 )

今日のニアミス


ニアミス1.大学の掲示板を見ていると、掲示板と私の間を2mぐらいの男が通り抜けていった。ほとんど私のまつげにふれそうでした。  ちなみに私の背後は10m以上スペースがあった。

ニアミス2.道路を渡る途中、車が右折してきた。(日本でいう左折)私が渡っているのにちっともとまろうとする気配はないので、立ち止まると、「なんで渡らないのか」と車の中から合図。渡っていたら完全にはねられてました。

ニアミス3.歩いていると前方から男が歩いてきた。道をよけずに突き進んでいくと向こうもよける気配なし。通り過ぎるとき衣擦れがしました。

なぜイスラエル人は人との距離が短いのだろう。不思議だ。
車の運転手も歩行者のためにとまってくれるのなら、歩行者に当たらない程度の位置でとまって欲しい。


そういえば、朝 「ばんっ」 という不吉な音で飛び起きた。

ボイラーがいかれて、そこから水がじゃんじゃん流れ出して、キッチンは洪水。
下の部屋にもその被害が及び、隣人が様子を見に来た。
その子がかわいい子だったので、寝起きのぼろぼろの姿を見られるのはよけいに恥ずかしかったが、この状況下では仕方がない。
電気もブレーカーが落ちたまま。
水道の元栓を締めたので洪水は収まったが、電気はないし。

どうしてもでかけなければならないので、大家に修理を託し、でかけた。
修理は無事終了、そうじまでしてくれたので、帰宅時には元通りに戻ってたけど、すごいかびくさーい。
とまあこういう経緯で、シャワーを浴びれなかったので、ジムを銭湯代わりに使用すべく今日は久しぶりにジムに行った。次は、運動するために行きたい。
by miche13 | 2005-03-15 06:45 | イスラエル人とは

イスラエル人の健康度

やる気がまったくおきねー。一番やる気を出さなきゃいけないときに限ってこうだ。私の場合、気温が下がるとやる気も下がるようである。

だからセントラルヒーティング付きのアパートを探しているのだが、今見に行ったアパートにはそれがない。
しかし、とても気に入ったので入居希望宣言をしてきた。リビングの妖しい間接照明にだまされたのかもしれない。まったりと酒でも飲みたくなる落ち着いた雰囲気のバーのようであった。
ルームメートとなる女の子も「この子とだったら生活を共有してもいいわ♥」と思える子だったので、即決したのだ。あす返事をくれることになっている。よい返事が来ることを祈ろう。
さて、やる気がおきなくてどうせうだうだするのなら、少しでも生産的なことをしよう。

イスラエルの厚生省が行ったイスラエル人の健康調査の結果でも記してみましょう。
21歳以上の男女1万人に聞きました。

肥満      女 15.5%  男 13.2%
喫煙      女 18%    男 32.7%
高血圧     女 16.8%  男 13.5%
運動習慣ゼロ 女 49.7%  男 45.7%
糖尿病     女  4.7%  男 5.7%

この調査結果から、たくさん食べて、吸って、健康でいることが一番といいながら動くのがきらいな人間像が浮かび上がってきますねえ。
少しは運動して、体重減らさないと自重を支えきれなくなるぞ。

この調査って世界的なプロジェクトで33カ国が参加したそう。
日本もやったのかな。
by miche13 | 2005-03-13 05:47 | イスラエル人とは

エルサレムの警察官

飲みに行った帰り、道路工事現場に配置されている警察官に呼び止められた。

「ちょっと質問があるんだけど。」

おそらく交通課の人とはいえ、不法滞在者である私は身構えた。

彼はにこにこしながら聞いた。
「夜なのにどうしてこんなに明るいんだ?それに月と太陽が同時に出ることはないのにどうしてなのだ。」

友達は即座に「頭おかしいよ、この警察官。」

と思ったらしいが、私はまだ疑っていた。このあとに恐ろしい質問が来るのだ。と

よく刑事が犯人に口を割らせるためにわざと優しい言葉をなげかけたりするシーンがあるではないか。そして、突如詰問を始めたりするのだ。

ビザのせいでパラノイアになっている私は
「ところでパスポートを拝見させてください。」という質問を回避するべく愛想よく振舞った。
かくして私の願いはかない、次に警察官の口から発せられた言葉は
「お茶しにいこうよ。」  だった。

はああ?なに考えてんねん。
すぐに立ち去ったのは言うまでもない。
しかも私たちが歩いていった先は道路工事のため通行止めとなっていた。
それを知らせるためにそこに立ってたんだろーが。仕事しろよ。
by miche13 | 2005-03-12 01:49 | イスラエル人とは
エルサレムで楽しく、というのは語弊があるな、いやな思いをせずに暮らすコツといったほうがよいか。
よい人にだけ囲まれて暮らすことが一番のポイントだ

そのためには買い物をする場所もかなり限定する。
市場にはたくさんの店があるが、私が野菜を買うところは決まっている。
消去法でいくとまず「どこから来たんだ。イスラエルで何をしているのか。」という質問を毎回あびせる店はパス。あと、なんぱしてくるやつとか、感じの悪い店は当然行かない。
今お気に入りの八百屋はちょっと反省心があってかわいいおやじがいる。
いったん取ったきゅうりを戻して去ろうとする私に「ぼくのところのきゅうりじゃだめなの」ってしゅんとなって聞いてくるようなおやじ。
これにおいうちをかけるように「あ、しなびてるから。」と返答する私は鬼か?

野菜以外のもの、しょうゆとか冷凍食品とかは、いけめんハレディ(正統派ユダヤ教徒)の商店で、ファラフェル屋はハレディ一家が経営しているところで購入。仕事も早いし、応対も丁寧。

昨日、ファラフェルを買い「やっぱりここで生きていくには感じのいい人とだけつきあっていくことだよな」
と気分よく帰っていると、

「ここはナフラオットという地域?」と聞いてくるへんなやつがいた。
「そうだよ。」
「ぼくはヨセフ。君は?」
「タ。。。。」

タ って、タっていう名前はあんまりだよな
てっきりお約束の質問-出身地を聞かれるのだと思って
「カムチャッカ」と答えようと身構えていたのにふいを突かれてしまったせいで変なことを口走ってしまった。

どうせ外国人の名前なんてわけわからないから
「タ」のままでもよかったんだけど、次回偶然会ったときに「た」と呼ばれても困るので

「タ、タチアナ」
「きれいな名前だね。これからお茶しに行かない?」
「行かない。」
「これからどこに行くの?」
なんでそんなこと答えなきゃならないのだ と思ったが
「友達のところ」
「ぼくの電話番号渡そうか」
「いらない」

家までついてこられそうだったので、まいて帰った。
最初から話さないに限るのだが、道を尋ねるという姑息な手段を使ってくるので無視もできないし。
変な人が多い地域だな。

一昨日は、すれ違いざまに
「ゾナー」とわたしに言い放ったやつがいる。

ゾナーって売春婦とかビッチとかいう意味なのだが、どっちの意味にしてもなぜ言われたのかわからん。
by miche13 | 2005-03-11 02:41 | イスラエル人とは
毎日のようにアパートを見に行っていますが、なかなか見つからない。
イスラエルでのアパート探しは、仲介業者に頼む方法と頼まない方法の2つがあります。

仲介業者に頼むと当然家賃1か月分相当の手数料を取られます。
一般的な方法は、仲介業者を通さないやりかたです。

賃貸アパートの契約は1年ですが、入居する人をみつければ契約が切れる以前に退去することもできます。
賃貸にも2通りの形式があります。ルームメイトとして入居し契約する形式と、アパートを自分名義で借りる通常日本でいう賃貸です。

イスラエルでは一人用のアパートが整備されてなくて、家族用の3部屋とか4部屋のアパートが主なのです。私は2部屋のアパートを借りて、念願の一人暮らしをしていますが、割高な上に条件が悪い。
この手の小さいアパートにはセントラルヒーティングやソーラーシステムの設備がないことが多い。エルサレムの冬は寒いから、私はヒーターつきのところに引っ越したい。
イスラエルの強力な太陽エネルギーを使用するソーラーがあると、熱いシャワーがいつでも浴びられるし、電気代もかからない。

ちょっと本題からそれましたが、アパートを探すには、新聞、ネット、張り紙などから情報を収集して、電話をかけて、物件を見に行くのです。
電話の相手はほとんどがそこに住んでいる人たまに大家の場合もあります。

私はルームメイトつきのアパートを探しているので、アパート自体の条件に加えてルームメイトとの相性も考えないといけないのでちょっと大変。
ちなみに私が探しているアパートの条件は、セントラルヒーティング、ソーラーシステム、洗濯機があって、物静かな人がルームメイトなアパート。

昨日みたアパートは3部屋と広いリビングがあって修士課程の学生が2人住んでいる。
2人とも勉強が大変なので静かな環境はとても重要だということで、ルームメイトとしては適している。が、部屋が狭い。ベッドと机しか入らない。なんだか、寮みたい。

次に地学を勉強している男子学生が女性ルームメイト募集しているアパートを見に行った。女性と限定しているのはおそらくきれい好きな男なのかもしれない。
と、期待していったら、
「他のアパートをシェアしている学生は週末は実家に戻り、平日も自分の部屋にこもっていて他のルームメイトと交流しないだろ。ぼくはね、実家はエルサレムだけどこのアパートが自分の家だから、週末は実家で過ごしたりしないし、テレビもリビングにおいてルームメイトと見たり、お互いの友達とも交流したりするんだ。」

私はアパートを共有しても、生活までは共有はしたくない。一緒にテレビを見るのはいいけど、忙しいからたまーにしか見ないと思うし。部屋も狭かったから、ここはよした。

早く家がみつかるといいな
by miche13 | 2005-03-11 01:56 | イスラエル人とは

今日見たアパート 1

6時にアパートを見に行く約束をしていたので、
途中で調べものを切り上げて現地へ向かった。
バスの運ちゃんの荒い運転もきょう4時起きした私にはゆりかごのように感じ、心地よく眠りに落ちた。今日はこのままバスから降りずに眠り続けたいくらいだった。
しかし、約束は守らなければルームメイトとしての信用は得られない。

目的地は閑静な住宅地にある。
アパートを見つけ、階段を数階分上ると、ドアにへんなうさんくさくてむさくるしい男のポスターが貼ってある。これってどこかで見たことあるぞ。有名な人なのかななどと思いながら呼び鈴を押す。

奨学金をもらいに行くときにしか見せない極上の笑顔で
「こんにちは。アパートを見に来ました。」と言って住人の顔を見て驚愕した。

私  「えっつ、あなただったの」
相手 「。。。。。。」
友人に付き添ってこのアパートを見に来たことがあったのだった。私は方向音痴なうえに、人に連れてこられたところはどこをどう歩いたのかまったく覚えていない。

「あ、ごめん。電話じゃぜんぜん気づかなくて。それに番地覚えてなかったから。」
「君もアパート探してたの。」
「うん。」
「じゃあ、その友達と一緒に住めばいいのに。」
「私はよい友と住むのは避けたほうが今後のためにいいと思うのよ。
いっしょに住んだら私のいやなとこ見て私のこと嫌いになるかもしれないでしょ。」
「わははははは。」
なぜかうけた。
お互いの幸運を祈りつつアパートを出た。

自宅までの道のりはとても長く感じられた。

自宅に戻りすぐに別のアパートに何件か電話をして、また次の物件を見に出かけた。
by miche13 | 2005-03-08 05:58 | イスラエル人とは
先日の水漏れ事件の次の日、大家が早速このアパートの専属修理屋と連れ立ってやってきた。

キッチンの上の水漏れは上階の洪水が原因で、お風呂の天井の漏れはボイラーが原因だそう。
なぜか大家がへたくそな英語で私に説明する。いつも英語で話なんかしないのに。
英単語が出てこないときにはパレスチナ人の修理屋が私にヘブライ語で通訳してくれるという不思議な光景となった。

しかしどうして同時に起こるんだ。ボイラーは取替えが必要らしい。
いっちばん忙しいときに限ってこういうことが起こるんだよね。で、ボイラー取替えをいつにするか大家と話し合った結果、下の部屋のをこっちにとりつけるのなら、今日できるというので、大家に立ち会ってもらって、やってもらうことにした。
くれぐれも大家に盗難等が起こらぬようちゃんと立ち会うことと、電気は消していくことなどを念をおして私はでかけた。

夜帰宅すると、頼んでおいた電気コンロ、おふろのドアの修理は忘れられ、
包丁にべったりと白い接着剤のようなものがついている。
なんに使ったのだ、人がわざわざ日本から持って来た貴重な包丁を。

注: 「刃物は日本が世界一」なのだ。ここの包丁では、すいかやキャベツ、にんじんを切るのが非常に困難でよくきれない。カッターはちなみにジャパニーズ・ナイフと呼ばれている。

人のものに勝手に触れるという行為に切れた私は退去することを言い渡した。
「ここのアパートは問題が多すぎるよ。大家さんはいつもすぐに修理に来てくれるけど、あまりにも頻度が高すぎる。それに私の包丁をなんに使ったの?」
「。。。。」  
大家は押し黙っていた。おそらく立ち会っていなかったのだ。

「私このアパート出るから。私が出てからのほうが、壁に発生したカビ処理とか、修理とかしやすいでしょ。」
「わかった、ここに残るように説得はしないよ。」

契約がまだ残っていたのでいろいろ言われるかと身構えていたのにあっさり承諾。
もしや、はめられた!
もしかしたら出て行ってほしかったのかもしれない。というのは、私の部屋に一部屋増設してもっと高い家賃を獲得する計画があったからだ。私がいなくなってくれたほうが好都合ではないか。

まあ、どっちにしても問題ありすぎのこのアパートにはもうおさらばよ
カビの増殖と戦いながら、アパート探ししてます。

今日は寝不足で頭が動いてない。イスラエルでのアパート探しについては次回書きます。
by miche13 | 2005-03-07 04:27 | イスラエル人とは
「イスラエルの」とタイトルに書きましたが、正確には「うちの」アパート事情です。

今日、帰宅すると電気コンロの上にみずたまりができている。

この水はどこからきたのだろうか と考えていると頭上に水滴がぽたり。

ああああああ、天井から水が漏れてる!

冬だから大丈夫と思ってコンロの上におきっぱなしにしていたカレー入りの鍋はどうなる。かろうじて水滴はとなりのコンロに落ちていて、どうやら鍋の上ではないようだ、たぶん。食べるべきか、捨てるべきか。
「よーく沸騰させて食べれば大丈夫」と言ってくれた友の力強い言葉に従って食べることにした。コンロのコンセントを電源に差し込むと「ばちっ」という音とともに火花がちり、あたりが真っ暗に。落ちたブレーカーを元に戻し、再度挑戦。
「ぶちっ」 真っ暗。これって水のせいでコンロが逝ってしまったか、漏電しているかのどちらかなのか?なぜブレーカーが落ちるのか。よくわからない。

あれ、配電盤の下に水が垂れている。
壁の中から水が染み出してる。これってかなり危険なんじゃないの。
おそらく水漏れのせいでキッチンの電気はいかれてて、つかない。

このアパートの手抜き工事のつけは私のところに回ってきたようです。
しかもカビ防止のペンキの下にカビが増殖中。
もうこのアパートは出ます。
by miche13 | 2005-02-24 09:28 | イスラエル人とは

まりふぁな

今日久しぶりに、去年から放映している連続ドラマを見た。

b0012031_533021.jpg


http://www.agam1.co.il ひよこちゃん(アガム)のファンサイトで出演者の映像発見)

登場人物の彼氏、彼女たちがすっかり入れ替わっていた。
アパートに問題がありスポーツ刈りだがクールを装っているちょっと濃いめの彼(写真左下)を訪れた彼女に彼は
「うちに泊まっていいよ。ぼくはソファで寝るから、君にはベッドを貸してあげる。」
確かこの2人はカップルではなかったのか?もう違うのか。
それに彼を狙っていた女の子がいたはずだが、出ていない。

アシュケナジー系の男(右)の彼女も違う人になっていたし、この男の父親の彼女もでてないし、代わりにお母さん、つまり本妻か?が出演していた。

それどころか、ひよこちゃんみたいな中学生か高校生役の女の子(左上)の父親に浮気してもうけた娘がいることまで発覚。

よくわからん人間関係が描かれていた。

突然義理の妹がいることを知らされた彼女は泣きじゃくって、やはり前とは違うボーイフレンドの家を訪れるのだ。
そこで彼は、
「こういうときにはすべてを忘れるのが一番」と言ってあるものを取り出した。
「わたし、たばこは吸わないわよ。」
「ジョイントだよ。」
「中毒にならないの。」
「ならないよ、医療でも使われているんだから大丈夫だよ。」

というところで次週に続く となったのだ。

一応イスラエルでもまりふぁなは違法だぞ。日本ほど厳しくはないけど、PTAから抗議の電話とかかかってこないのかな。
こないか。イスラエルだもん。
by miche13 | 2004-12-09 04:00 | イスラエル人とは

イスラエル人の不思議

図書館って静かな場所のはずなのに必ず携帯電話はなるし、しかもそれに平気で答えるやつらがたくさんいる。
50代のいい大人だって大きな声で電話に出たりするから、そんな大人を手本にする若者がもっと増える。いやイスラエルでは儒教の精神はないから年上を敬ったりしないだろうから、大人を手本にはしないな。彼らは誰をも見習ったりなんかしない。だって自分自身が手本なのだから。

今日も図書館で携帯がなり始めた。
どうやら持ち主は電話をオンにしたままどこかに行ってしまったようだ。電話だけがしつこくなり続ける。非常に邪魔なのだが、本人がいなければ文句を言うこともできない。この八方塞の状況を周りの人と分かち合うため、向かいに座っている知り合いのイスラエル人に目を向けた。
私と目が合うと、彼は着メロにあわせてにこにこして首を振り始めた。
これが彼の怒りの表現方法なのか。
これを見て私も怒っていらいらしているのがすっかり馬鹿らしくなったのはいうまでもない。

イスラエル人はこのように人に迷惑をかけてばかりいる人と、迷惑をかけられている人の2種類の人種が存在する。
順番抜かしをしたり、ごみをどこにでも捨てたり、よけるという行為をしないので前方から歩いてくる人にぶつかったり、エスカレーターを上りきったところで立ち話をしていたり、飛行機の中でちゃんとお座りできずにうろうろしたり、人が嫌がるようなことばかりしたりしている人がいるかと思うと、そういう人たちに非常に寛大なマナーや常識のあるイスラエル人が共存している。
寛大な人種はつねにしりぬぐいをしているのだ。でも、注意もせず寛大でいられるというのはよっぽど人間ができているのだろうか。
by miche13 | 2004-12-03 08:18 | イスラエル人とは