エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:動物( 6 )

すずめ

朝、シオン広場の前を歩いていると

前方にすずめが横たわっていた。

すずめとは思えないほど、足が長くて、ぴーんと伸ばされていて、ばたばたしていた。

交通事故にでも遭ったのかもしれない。

どうやって病院に連れて行こうかと思いながら近づくと

すずめはさらにばたばたと激しく羽を動かし始めた。

かと思うと、2羽に分裂し、飛んでいった。

人通りの多い路上で交尾中のようでした。

さすがイスラエル何でもありですね。

自宅に戻ると、私が野良猫給餌用においていた皿が真っ二つに割られていた。

すごいショック。

置きっぱなしで片付けてなかった私もいけないけど、

割らなくてもいいじゃない。

今日の深夜に片付けに行きます。
by miche13 | 2006-03-18 20:31 | 動物

さそり

夜帰宅すると、部屋にさそり状の虫が!!

体長1cm、尾がさそりのようになっているけど、ハサミがついていない。

どの程度毒性があるのかわからないけど、共存はできなさそうなので殺害を決意。

新聞をよたよた走っているさそりにかけ、その上から扇風機の底を何度も押し付けました。

死骸処理はそのままにしてテレビを見ていると、這い出してきた!!おそるべし生命力。
扇風機つっても昔の型なのですごく重い。それで何度もがんがんやったのに。

次は扇風機の数十倍重い私の足で踏みつけました。

何が一番こわいかと言うと死骸処理です。節足動物は特に苦手です。

えびのむき身は食べるけど、殻がついていたら絶対に食えません。ロブスターなんて言語道断。ま、母の日に生きたロブスターを贈ったのは私ですけどね。

さそりもどきが家に登場したのはシンクロニシティなんですな。

昨日は散歩中にさそりもどきが壁に張り付いているのを見たし

日本から持ってきた吸盤つきのさそりの形のフックをどこに貼り付けようかとここ数日思案中だったし。

これらさそりの偶然の登場に何か意味があるのか全くわかりませんが、さそりのフックが永久に葬り去られることになるのは確実です。
by miche13 | 2005-09-24 20:25 | 動物
エルサレムの聖書動物園にレッサーパンダが到着しました。

ヘブライ語では赤パンダと呼ばれています。

b0012031_1744553.jpg


サイモン君、5歳です。シンガポールの動物園から割引料金125万円で購入。

イスラエル産キリン2頭と交換して、その分を割り引きしてもらったらしい。

キリン2頭つけてもさらにお金を払わなきゃいけないほど、レッサーパンダって高いのね。

ところで、聖書にレッサーパンダ出てきましたっけ?

そういえば、先日ヤッフォ通りのベジタリアンレストランのそばでおもしろい光景を見ました。

大型犬と猫の一発触発風景です。

犬のほうはしっぽを振って友好的な態度を示していましたが、

ねこの方は臨戦態勢。

それを見守るわたしと、通りがかりのイスラエル人女の子。

にらみ合いは続きます。

そのそばで携帯で大声で話し続けるおやじ1名。

ねこと犬の緊張感が高まる中、おやじが突然両者の間に割り入り、ばんっと足を地面に押し付けて大きな音を立てたのです。

このせいで、両者の間で激しいけんかが始まったのです。

そして隣にいた女の人が

「コビー、何やってんの」と怒鳴り始めた。

コビとは、犬の名か?それともおっさんの名か?

いやあ、実はあまりにも動きが早くて、動体視力の弱い私にはなにがどうなったのかよくわかんなかったんですけどね。

きっと、猫パンチのひとつやふたつはお見舞いしてるとは思いますが。

飼い主のもとに逃げ帰った犬を見て、飼い主はおっさんに

「お前、おれの犬に何したんだ。」

「おれはその犬を猫から救ってやったんだ。」とヒーローぶってましたが

そのまま見守っていれば何事も起きなかったのかも知れなかったのに、けんかが起きた原因をつくったのはあなたですから。

ホントに自分の都合のいいように考えるしあわせものが多いよ。
by miche13 | 2005-09-08 16:23 | 動物

ブルテリアストラップ

b0012031_10562727.jpgb0012031_10565831.jpg

友達(日本人)がこんなかわいい携帯ストラップを作ってくれた。

イスラエルでは携帯ストラップって全然普及していない。

携帯にストラップを通す穴がそもそもついていないものもあるし。

ストラップも当然日本ほど種類はない。偶像崇拝にでもつながると思っているのだろうか。いや、宗教を守っている人以外はそんなこと気にしないだろうし、別に神をかたどっているわけでも宗教的なシンボルをストラップにしているわけでもないのだから。

なんで売っていないのか不思議。

まあ、ストラップに限らずないものってたくさんあるから、これぐらいで驚いてはいけないのだろうけど。

P.S.タイトルにブルテリアと入れたけど、これブルテリアじゃないか。
by miche13 | 2004-12-19 11:03 | 動物

盲導犬ドーベルマン

最近勉強が忙しくて投稿ができなかった。
もうすぐ、夜半過ぎになろうというのにまだ晩飯を食っていない。
こんな時間に食べて寝たら太るぞ。

そう、最近気になるのは大学でよくみかける新人盲導犬。
こいつがどうみてもドーベルマンのようなのだ。
茶色の短毛に鋼のような体、わにのような口。
これはまさしくドーベルマン。
こいつは非常に元気があって、階段を走るようにして上って行く。
それじゃあご主人様がおいつけないよ。

ほかに見かける盲導犬はクイ-ルみたいなおだやかそうな犬なんだけど。

ナフラオット地域の最新ファッションは、
頭と尻尾にだけ着色、その他は白く残しておく模様が流行のようである。

b0012031_6554388.jpg

by miche13 | 2004-11-22 06:59 | 動物

爆弾探知犬

今日の朝、エルサレムの町にあるマッシュビルの前で出勤準備をする爆弾探知犬を見た。

日本の警察犬と同じジャーマンシェパードだった。

久しぶりに外に出してもらえたのだろうかと思えるぐらい、すごくうれしそうにしっぽを振りながらお仕事をしていた。

本人はお散歩気分なのかもしれないがな。
by miche13 | 2004-10-15 06:24 | 動物