エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13

2005年 10月 31日 ( 1 )

偽ジャック・ダニエル

久しぶりの大学はバラガンだった。

新入生勧誘屋台がたくさんフォーラムに出ていて通り抜けるのが大変。
屋台といってもサークルの勧誘ではありません。そんなもの存在しませんから。
銀行、携帯電話、新聞の購読とかの勧誘です。やっと通り抜けると、たれぱんだに出くわした。
「どうしたの、バラガンしてて。」
こいつはよく私にバラガンだという。右手にバッグ、左手に郵便物を持って読みながら歩いているだけなのに、どこがバラガンなのか、言ってみろ。

ねこたちに会いに中庭に行ったが、生徒はたくさんいるし、カメラマンまで来てるし、早々に引き上げ。

私のお気に入りのねこたちは、アンドレ・ザ・ジャイアントみたいな人にかわいがられていたので近寄れなかった。アンドレは猫好きでやさしい人なのだろう。じゃれつかれていました。
b0012031_3561314.jpg


例の車を黒焦げにした友人のアルファ・ロメオはあいかわらず手をかけているようです。今回はエンジンの周りにあるベルト交換にチャレンジ
ベルトってなんだかよくわからなくて書いてます。

2つあるうちの一つだけを交換するのだが、奥にあるので2本とも取り外さなくてはならなくかなり複雑らしい。

ネットで見つけた自動車修理法を満載したCDを注文したら、ページが欠落していて肝心なところがない。

結局、見よう見まねで交換を始めたが4時間もかかり、安息日に入ってしまったので実家に帰ることもできず作業を中断。

安息日中は火を使うことも禁止なので、料理もその前に終えておかないと金曜の日没から土曜の一番星が出るまで、何も食えない可能性があるので大変。ま、冷たいもの食べてればいいんですけどね。

で、日曜の朝5時に起きて3時間かけて修理を完了。作業を終えるまで7時間かかってます。ただ、このベルトが張りすぎてもいけないし、弱すぎてもいけないし、素人ではその判断ができないので自動車工のところに持っていって見てもらった。ただベルトの張りを見てもらうだけなのに100シェケル(2500円)取られた。車は快調らしい。

彼のお父さんがクファール・サバの商店でジャック・ダニエルの偽物をつかまされた。

ものすごくまずいことから偽物だと判明。

毎日酒を飲んでいるとうちゃんだからジャック・ダニエルの味をよく知っているのだ。

おそらくマフィアが安い酒を詰めて封をして、本物と同じ値段200シェケルで売っているのだ。

彼はジャック・ダニエル輸入業者に手紙を書き、ボトルを本物と交換してもらった。

1リットルのボトルだったのに700mlが来たのはちょっと不満だったが、1リットルは輸入していないそうだ。

購入場所も書いたので、輸入業者が店に偽ジャック・ダニエル摘発に乗り出すのはもうすぐ。

道路端でやってるおっさんたちの喧嘩みたいになるだろうことは容易に想像できます。

みなさんもイスラエル国内でお酒を買うときはよ~くキャップをチェックしてご購入ください。お、授業の時間だ。いってきま~す。
by miche13 | 2005-10-31 03:57 | ニュース