エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

イスラエル式よいこと

みなさま、長いこと放置していてすみません。最近すごく忙しくて。早起きしたり,夜10時過ぎまで大学にいたりするので、更新を怠りました。

昨日なんか朝5時起きしました。山登り以外でこんな時間に起きることはありません。

こんな早い時間から予習したのに、教授との面会前には頭の中は真っ白。

行くのをよそうかと思ったけど、このためにバイトの時間を調整して早起きしたのだ。

だからと思いとどまりとりあえず行ってみた。

思うように会話が進まず失意に打ちのめされましたが、こういうプレッシャーによって私はやる気がでるので、結果的にはよかったです。

で今日は、昨日とは打って変わってなんだかいいことばかりある日です。

いいことと言っても、日本にいる人たちとはかなりレベルの異なる話です。

やっと内務省とのアポが取れたのです。

以前内務省に行った時に新たな書類提出を要求されました。

「アポなしで大丈夫だから、書類ができたら持ってきて。いつでも受け取るから。」
と窓口が言った言葉を信じて、内務省に足を運ぶこと数回。

いつも機嫌の悪い一番右端の窓口に提出しようとすると

「なんなの、これ?」

「提出を要求された書類ですよ。」

「なんだかわからないわよ。」書類を見ればわかるのに、見ようともしない。

「あなたたちから要求されたものですけど。」

「あなたたちって誰よ。あなたたちって誰よ。」とヒステリックに叫ぶ。

こいつらはそれぞれが内務省の代表として人と接しているという認識は全くないんですね。全く無駄な争いをしました。

別の日に私に書類を請求した窓口に行こうと思い出向くと、休み。

日を改めて行くとやはり休み。マネージャーのところに行くと

「順番なしでは一切受け付けません。」の一点張りでらちがあかず。

順番受付の部屋に行くと

「現在は電話かファックスでしか受け付けていません。」と言うので、目の前から電話すると

出ない。

それで、ファックスで送信した。それからずっと返事は来ず。待つこと優に2週間。アルバイトという雰囲気の女の子から電話がかかってきました。

アポは6月なので、書類提出するだけで5ヶ月くらいかかってるよ。

ま、でもアポが取れてよかった。

いいことがあったと言ってもひとつ心配事が減ったというレベルです。

でもイスラエルにいると些細なことでもうれしく感じるのだ。いいのか、これで?


p.s. コメントは自宅に戻り次第返します。
by miche13 | 2006-05-17 23:00 | イスラエル人とは