エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

エレベーター

今日は一大事件がありましたよ。

大学の5階図書館にいつもどおり行き、

いつもどおりエレベーターの前を通ってトイレに行きました。

するとエレベーターのドアが3cmほど開いてて、中に人がいました。

もしや閉じ込められてる?

と、思っていたらアラブ人たちがドアの前で中の人に向かって話しかけて大笑いしていました。

なんだか楽しそうだったので、状況が掴めないままその場を去った。

トイレから出てきたらだれもいなくて、でもエレベーターの中には誰かいる様子。

図書館のバイトくんに伝えると、あわててエレベーターに駆けつけた。

やっぱり閉じ込められてましたよ。

「15分前に電話したのにだれも来ない。」って、かわいそう。

バイトくんが連絡しにいった。

数分すると、蛭子能収↓にそっくりなセキュリティがやってきた。


b0012031_734519.jpg


「力ずくで開けられないの」と聞くと

「無理、無理。機械がないと開かないよ。ドアが壊れちゃう。」

別にドアなんか壊したっていいと思いますけどね。

蛭子さんとバイトくんは穏やかに責任の所在を追求しあっていました。

蛭子 「これってセキュリティの仕事じゃないんだよねえ。」

バイト 「え、学生の安全にかかわる仕事をするんじゃないの。」

蛭子 「そうだけど、こういう場合は大学の仕事なんだよね。」

エレベーターの管理会社の責任ですけどね。

アラブ人学生たちも集まって、外から中の友達に声をかけて、大笑いして楽しそうです。

閉じ込められた学生の電話の声が外に響きます。

「もう30分も閉じ込められてんだよ。いつ来るんだよ。」

やっと連絡が取れたと思ったら、ギロから来るそうで

最低30分はかかる。

結局閉じ込められてから、1時間後に彼は救出されました。

図書館のエレベーターに乗るときはみなさま覚悟の上でお乗りください。

運が悪ければだれも助けに来ませんから。
by miche13 | 2006-02-27 07:03 | ニュース