エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

新しい法律(条例)施行

今日、レバノンレストラン「ミナレット」の前に警備員が立っていた。

政府の要人が来ているのか。

以前、外務省の要人が来ているときに警備員というよりSPを2人つれていた。SPともなると見かけが全然違います。

2人とも身長180cm以上で体脂肪率の低そうな体、ネクタイ、当然ひげはきれいにそられていて、ビシッとしてました。

サングラスをかけていたので顔はわかりませんでしたが、不快感を与える顔でなかったのは確かです。

「ミナレット」に今日いたのはSPではなくまぎれもなく警備員でした。

ツアー客に同伴してきた警備員かと思いきや店には客はゼロ。

サミールに聞いた。

「あの表に立ってる警備員どうしたの。」

「市役所から通告が来て、飲食店には警備員を置かなきゃならないって法律ができたんだって。」

「え~、インティファーダが終わった今ごろ?」

「そう、突然法律を施行するんだよね。こっちの都合も考えずに。時給30シェケルだよ。」


「じゃあ、失業対策の一環だったりして。
サミールが代わりに入口に立っていればいいじゃない。」

「そうだよね、こうやって客が全然いないときなんかもったいないよ。」

これは法律なのかエルサレム市だけの条令なのかわかりませんが、

他にももう一つ新しい法律が施行されたそうです。

飲食店では喫煙席と禁煙席をはっきり区切るか、それができない場合は全席禁煙。

これまでもエルサレムのレストランではほとんどが喫煙席と禁煙席に別れているので混乱は少ないかもしれない。

が、ミナレットでは全席禁煙にせざるを得ないらしく喫煙者には困ったことになるかも。

そうするとこれから外でタバコをすう人が増えるのかな。歩きタバコこそ禁止して欲しいのに。
by miche13 | 2005-11-29 07:49 | ニュース