エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イスラエルの美容院

Excite <髪形訴訟>美容院側に24万円支払い命令 東京地裁 [ 11月16日 21時27分 ]

キャバクラで働く東京都内の女性(27)が「依頼と違う髪形にカットされ精神的損害を受けた」などとして、美容院に600万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は16日、美容院側に24万円余の支払いを命じる判決を言い渡した。水野有子裁判官は「容姿が重視される職業に携わっており、髪形の影響は大きい」と指摘した。

 判決によると、女性は昨年4月、渋谷区の美容院で、「巻き髪やアップにできるよう、最も長い部分の長さは残す」などと注文。しかし、カット後は頭頂部が約7センチの短さになった。女性は途中で席を立った。美容院側は代金(1万6500円)を受け取らなかった。女性は「自分のアピールポイントは美しい長い髪で、接客に自信が持てない」としてエクステンション(つけ毛)をつけるなどした。

 女性の給料は売り上げに応じて決まることから水野裁判官は「エクステンションで明白な減収を防いだ」と判断し、その費用などを損害と算定した。【武本光政】


見出しを読んだときに「美容院も大変だ」と思ったが

内容を読んで、明らかに美容院側に落ち度があることがわかった。

原告側の訴えが認められた判決が出てよかった。



上記記事の内容だけでは、詳しいことがわからないけど、頭頂部を7cmの短さにしてしまったのはなぜ?
これじゃあ巻髪にはできないよ。
この美容師は人の言葉を理解できない人なのか。

あと裁判を起こしたということは、美容院側が非を認めなかったのだろうか。それとも原告がいきなり提訴したのだろうか。

まあ、600万円請求されたら、美容院側も支払いに応じることは難しいだろうし

それなら裁判を受けてたってやると思ったのかな。

裁判の答弁を聞きたかったですね。ブログになってないかな。

イスラエルには人の話を聞かない横暴な美容師がいます。

こんな人たちに刃物を握らせているのは恐ろしいです。


すごく人のよい、おそらくイスラエルではきっと騙されまくってるタイプのイスラエル人男子学生ヨエルが坊主頭になってました。

ヨエル君と床屋のおやじとの会話を再現すると

床屋「もうこれでいいだろ。」

ヨエル「え、まだ途中じゃない。最後まで切ってよ。」

床屋「もう終わり、終わり。さあ、帰った帰った。」

と言って追い出されたのだそう。

中途半端に髪を切られてしまったヨエル君は、別の床屋に行き切りなおしてもらったそう。
これこそ訴訟してもいい話。ただ、ヨエル君が容姿を重視する職業に就いていないのが難点かな。

ある日本人の女の子も賞を取ったという美容院で髪を切ってもらったら

わかめちゃんになってました。

前髪が3cmくらいの長さで、とても日本人に似合う髪形とは思えず、かわいそうだった。

なんか自分の思い込みや押し付けで人の髪をいじる美容師ってイスラエルには多いかも。
by miche13 | 2005-11-17 04:29 | イスラエル人とは