エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

イスラエルの窓口

ついにあす引越しです。

でも、アパートまだ決まってない(笑)

先日見たアパートはすごくよかったのに、ルームメイトが音楽学専攻の学生でピアノを毎日弾く人なの。

毎日、同じ箇所で間違いでもされたら、彼がピアノを弾くたびに気になって勉強が手につかないと思います。

それ以外の条件はよかったのに残念。

で、当面はやどかり状態になります。大学もあすから10日間ほど閉まるので、ネット環境がありません。ブログの更新も少なくなるし、みんなのブログも読めなくなるので寂しいなあ。

あすの引越しをしてくれるのは、前回もやってくれたパレスチナ人の家具屋さん。

パレスチナ人はアラブ系の中でも勤勉と言われている通り、約束の時間ぴったりにくるし、頼んだ仕事以上のことをしてくれます。それに必要以上のことを聞かないし、しゃべらない。

以前、ユダヤ系の友人が、通りがかりのトラックのパレスチナ人運転手に荷物搬送を頼んだ。
荷物自体を運ぶのは自分たちでするから、運転席にずっと座っていていいからということで170シェケルでお願いした。

ところが、荷物を運んだりするのも手伝ってくれた。友人はすごく感激してチップをかなりはずんだそう。

エルサレムのいいところは、ユダヤ人社会とパレスチナ人社会の両方を楽しめるところ。

イスラエル人のなかでも比較的まじめに仕事をしているのは、郵便局の窓口ではないかと思う。
私の独断と偏見による第一位は市役所の中の郵便局の窓口。
女の子が一人いるのだが、彼女は特に仕事が早いし、感じもいい。あと2りいるおじさんたちも親切だし、客を必要以上に待たせずに処理をしている。

第二位は中央郵便局。
一人行動が変な人がいるけど。たまに割り込みとかする人がいて、客同士でけんかしている。
割り込みするイスラエル人を許さないまともなイスラエル人を見れて、私にとってはほほえましい瞬間。

まあ、イスラエルってかなり人によるので、職員同士または友達と電話でおしゃべりしていて窓口業務を怠っている超マイペースな人がいる窓口だとかなり待たされることになる。


以前行った病院の受付が2人いて、片方がひっきりなしにかかってくる電話の応対と客の対応をしている間、もう一人は友達と電話でおしゃべり。

客の列がどんどん長くなっても電話を切る様子は一切なし。電話もじゃんじゃんかかってくるのに出ない。

「電話に出てくれない?」とまじめに仕事をしている人に言われて、彼女はしぶしぶ電話を切って、電話応対をしていたが、その人が席をはずすと、また友達と電話でおしゃべり。

イスラエルって仕事をまじめにしている人が損するところなんだよね。

でもそれなりの評価が与えられているといいな。
by miche13 | 2005-08-13 22:10 | イスラエル人とは