エルサレム人という不思議なヒト科の生き物の知られざる世界をmiche13がレポートします。イラストはたかこ。


by miche13
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ベツレヘムのクリスマス

遅ればせながら、メリークリスマス

今年はクリスマスらしきことは全くしなかった。すごく情けない。
ので、過去に遡って、ベツレヘムのミサに行ってきたときのことを回想してみようと思う。
b0012031_8191830.jpg



聖カテリーナ教会

このときはまだインティファーダの最中で、IDFの戦車が待機している状態でした。
クリスマスの日だけは、さすがにイスラエル政府も気を利かせ戦車を撤退させてくれた。
でも、すごく街は閑散としていた。

日本の商業的な超豪華なクリスマスを見慣れているからよけいに寂しく感じる
本物のクリスマスは厳かにおこなわれるのだから。

さて、夜12時になりミサが始まりました。
ミサは、ヘブライ語、アラビア語、英語、ラテン語、スペイン語、イタリア語等で行われる。つまり同じスピーチが各国語で行われるので6倍とか時間がかかるのよ。
b0012031_820666.jpg

写真がぼけぼけだが、雰囲気だけは伝わるだろうか。

最初の写真にある真中の座席は、アラファトとかVIP席で、その他もろもろの人は立ち見。
アラファトはムスリムなのに毎年参加している。が、わたしが行った2002年には来なかった。ま、かく言うわたしもカトリック教徒ということにして参加しているんだけどね。

ミサに参加するには整理券を事前に申し込んで入手しなければいけない。
申し込み用紙には所属する宗派、カトリック、オーソドックス(ロシア正教とかギリシャ正教とか)、プロテスタントかを記入する。12月25日だけはにわかカトリック教徒となり、入場券を手に入れるのだ。仏教徒と書いた場合は、許可されるのだろうか。抽選に落とされるのだろうか。
去年は送ったつもりのファックスが先方に届いておらず、整理券を手に入れることができなくて行けなかった。

でも、日本の商業的クリスマスのほうが俗人のわたしには楽しい
by miche13 | 2004-12-27 08:39 | ニュース